フードロス・チャレンジ・シンポジウム2014開催

さるぱコース2

フードロス・チャレンジ・シンポジウム&ワークショップス2014
−「食の循環とつながり」の体感 − 開催のご案内

10月11日東京農業大学世田谷キャンパスにて「フードロス・チャレンジ・プロジェクト」のシンポジウムが開催されます。
「フードロス・チャレンジ・プロジェクト」とは、まだ食べられるものがロス・廃棄されている(=フードロス)という問題の解決を目指している活動で、当日はシンポジウムの他、保存食に関するワークショップ等も開催されます。みなさまぜひご参加下さい。

翌10月12日には源流大学のフィールドである山梨県小菅村で食に関するエクスカーションも開催されます。こちらもぜひご参加下さい。
村での保存食の作り方や食材の活かし方等を学ぶことが出来ます。

食に興味がある方はぜひ遊びにいらしてください。
学生の参加も大歓迎です!

■詳細
http://foodlosschallenge.com/?p=540
■お申込みフォーム
以下のリンク先より、必要事項をご記入ください。
https://enq3.dstyleweb.com/orca/36150605
■お問い合わせ
フードロス・チャレンジ・プロジェクト実行委員会
info@foodlosschallenge.com

小菅村でのエクスカーションもあります!

小菅村でのエクスカーション!

The following two tabs change content below.
スタッフ

スタッフ

このサイトを運営する多摩川源流大学のスタッフです。源流大学や小菅村、農大でのイベント情報などを紹介します。

弁当に入っている醤油の魚でルアーを作り釣りをする

人は誰しも自作に憧れる生き物です。自分でなんでも作れることが、一種のステータスであり、喜びでもあるのです。 そこで、自分で作った自作のルアーで釣りをしてみたいと思いま......

本は元気のカンフル剤であり、成長の肥料である。

「若い時に読んだ多くの書物の上に、今のあなたの地位は座っていると思え」中国の皇帝がそう言ったかは知りませんが、私はそう思う。最近、若者は書籍を読まないと言われているが、果た......

その辺の砂浜で拾った昆布で出汁をとる

出汁(ダシ)というものがある。味噌汁も、煮物も、ラーメンだって出汁があるから美味しいのだ。出汁を使わないで作れば、それは床のない家であり、動物のいない動物園なのだ。出汁こそ......