炭酸水と木でハイボールになる

001

ウイスキーを炭酸水で割った飲み物「ハイボール」。居酒屋さんに行けば、必ずある人気の飲み物だ。ただし、水と比べると値段が高い。誰しも安い物が好きだけれど、水と比べればハイボールは高いのだ。

そこでどうにか安くハイボールが飲めないか研究をしたところ、非常に安い値段でハイボールを楽しむことに成功した。

ハイボールとは木
最近は「ノンアルコール」の商品をよく目にする。ノンアルコールビールがその筆頭だ。自動車の運転をしなければならない人などにとっては、ノンアルコールはありがたい商品と言える。

ノンアルコールビール

ノンアルコールビール

ハイボールにもノンアルコールがあるのだけれど、買うと高い。安ければ安いほど我々は嬉しいのだ。そこでどうにかならないか考えた結果、ある仮説ができた。

ハイボールを飲むと「木の匂い」と「炭酸」を感じる。というかそれしか感じない。ということは、木の匂いを嗅ぎながら、炭酸水を飲めば、それはもうハイボールなのではないだろうか。

そういう仮説だ。

これは売っているハイボール

これは売っているハイボール

木と炭酸水でハイボール
多くの人が気がついていないのだ。ハイボールとは「ウイスキーと炭酸水」ではなくてもいいのだ。「木と炭酸水」でもハイボールになるのである。この事実に気がついていただきたい。ただし、木ならなんでもいいわけではない。

ヒノキです!

ヒノキです!

ヒノキを使い炭酸水を飲むと「ハイボール」の味がするのだ。鼻にヒノキを押し付け、鼻を犬のように敏感にクンクンと動かし、炭酸水を飲む。ハイボールである。ノンアルコールである。

こうした方が飲みやすい

こうした方が飲みやすい

実験の結果です
ヒノキと炭酸水という答えに行き着くまで我々はいろいろな試みを行った。実験に実験を重ねて、成功を導き出したのだ。ちなみに行った実験とは、いろいろな木の匂いを嗅ぎながら炭酸水を飲むというものだ。

これらの木で行った

これらの木で行った

木を提供してくれた小林さん

木を提供してくれた小林さん

ヒノキ、ヒノキアスナロ、イヌシデ、クワ、アラガシ、山桜、クリ、と山のプロフェッショナルに木を集めていただき、それらを丁寧に嗅ぎ、炭酸水を飲んだ。そして、「ヒノキ」だと分かったのだ。ヒノキの時は若干緑色に光った気すらした。

実験ノートもつけた!

実験ノートもつけた!

匂う木によって炭酸水の味が変わる。「イヌシデ」は動物園で炭酸水を飲んでいるみたいだったし、「クリ」は追われる獣のような余裕のない炭酸水の味になった。「山桜」は匂いが良過ぎてチューハイみたいだ。

実験ノートの中身

実験ノートの中身

「アラガシ」は酸味が強くハイボールにはならない。ただ「アラガシユイ(新垣結衣)」というダジャレが飛び出し、酔っぱらいには近かった。そんな実験の末に行き着いた「激安ノンアルコールハイボール」が「ヒノキ」なのだ。

どれもこのスタイルで飲む!

どれもこのスタイルで飲む!

更なるハイボールを目指す
ヒノキを匂いながらの炭酸水がハイボールになることが分かったけれど、さらなる本格派ハイボールを目指したい。そこで、ヒノキを水に入れ沸騰させ、その蒸気を集めて、その中に炭酸水を入れる。スマートにハイボールが飲めるわけだ。

ビーカに水とヒノキを入れて、

ビーカに水とヒノキを入れて、

沸騰させる

沸騰させる

蒸気を集める

蒸気を集める

いい方法だと思ったけれど、蒸気が上手く集まらず、この方法は失敗に終わった。今までは200回ほど成功していたのだけれど、この日は上手く蒸気が集まらなかったのだ。このようなこともある。

隣の研究員が本物を飲んでいた

隣の研究員が本物を飲んでいた

もう混ぜちゃえ
ヒノキを入れて沸騰させた水には、ヒノキ成分がたくさん入っている。ということは、この水に炭酸水を入れれば、それはもうハイボールなのではないだろうか。多くの人は違うと言うだろう。でも、そうなのだ。

ヒノキ汁を入れて、

ヒノキ汁を入れて、

炭酸水を混ぜて、

炭酸水を混ぜて、

ハイボール!

ハイボール!

美味い!

美味い!

世界は可能性に満ちている。ピノキオスタイルの時より、遥かにスタイリッシュで味もハイボールだ。ハイボールは買うものと思っていたけれど、違うのだ。ヒノキと炭酸水で作れるのだ。次の日の朝、私は緑色に光っていた。

二日酔いのない清々しい朝!

二日酔いのない清々しい朝!

The following two tabs change content below.
地主恵亮

地主恵亮

1985年福岡生まれ。地味なファッションと言われることが多いので、派手なメガネを買おうと思っています。東京農業大学非常勤講師ですが、たいだい家にいます。ご連絡は「jinushikeisuke@gmail.com」までお願いします。

もうカニは高級品じゃない? 全てを「カニ味」にする魔・・・

カニという生き物がいる。高級食材と言ってもいいのではないだろうか。カニ料理のお店でコースを頼むと1万円を軽く超えてくる。通販でもカニは売っていて、大人気だ。みんなカニが大好......

スーパーと商店街ではどっちがお得か調べる

地域活性の本などを読んでいると、商店街がシャッター街に変貌して寂しくなっていると書かれたものをよく目にする。 商店街の衰退の原因としては最近よく郊外にある大型ショッピ......

スカイツリーの高さからワインを注ぐ

料理などを美味しくするのはちょっとしたアイディアが必要だ。スイカに塩をかけたり、カレーにインスタントコーヒーを入れたり。こんな簡単なことで素材の持つ美味しさをさらに引き出す......