猟コース〜鉄砲ぶちと山歩き〜 誰でも参加大歓迎!

P1160372

猟師と一緒に山を歩いてみる

多摩川の源流にある小菅村には「鉄砲ぶち」と呼ばれる猟師の方がいます。この猟師の方と一緒に山を歩き、猟師独特の山の見方や知恵を体験してみませんか?
また、夜には長年猟師をやっている方を講師に招き交流会を行なう予定です。山歩きは、はじめての方でも歩きやすい道を選びますので安心してご参加下さい。運がよければ獲物の解体が見られるかも?

猟師さんによる山の解説

猟師さんによる山の解説

日にち:1月31日(土)ー2月1日(日)一泊二日
会 場:山梨県小菅村
受講料:一般18,000円 学生(小〜大学生)10,000円
定 員:25名(定員になり次第締めきります)
講 師:宮林茂幸 東京農業大学教授
    鈴木一聡 NPO法人多摩源流こすげ
    石坂真悟 NPO法人多摩源流こすげ

申し込み:東京農業大学エクステンションセンター→HP

注意:源流大学の一般向け講座は村内の民宿等に宿泊しますので、相部屋になる可能性があります。どうかご了承下さい。

猟師になった気分で!

猟師になった気分で!

The following two tabs change content below.
スタッフ

スタッフ

このサイトを運営する多摩川源流大学のスタッフです。源流大学や小菅村、農大でのイベント情報などを紹介します。

滝で傘をさせば濡れないのか調べる

上から下に水が落ちる「滝」。全国各地に滝は存在し、その滝に打たれるのを滝行と言ったりもする。ただ滝に打たれるのが本当に修行なのだろうか、と思う。「滝のような雨」という表現が......

農大生が本気で「流しそうめん」を作る

流しそうめん。それはそのままでも食べられるそうめんを水の流れる半円形の筒に流し、それを箸でキャッチして食べるという狂気にでも触れたかのような行為である。 では何故、人......

弁当に入っている醤油の魚でルアーを作り釣りをする

人は誰しも自作に憧れる生き物です。自分でなんでも作れることが、一種のステータスであり、喜びでもあるのです。 そこで、自分で作った自作のルアーで釣りをしてみたいと思いま......