食材を救う『サルベージ・パーティー』〜誰でも参加大歓迎〜

さるぱコース1

多摩川源流の小菅村で食材について考えましょう!

「使い切れない」「もらったけど使い方がわからない」そんな理由で食材を捨てたことはありませんか?この講座では、フードロス予備軍な食材を各自が家庭から持ち寄り、それをプロのシェフが調理し、みんなで食べてシェアするサルベージ・パーティを体験します。余りがちな食材の新しい使い方を楽しく美味しく知ることができます。また、食品保存の伝統的な技が残る山梨県小菅村で、実際に保存の技をみながらワークショップを開催し食材循環の知恵について楽しくおいしく学びます。
* サルベージとは「救う」という意味です。

みんなで食材の有効活用を考えます。

みんなで食材の有効活用を考えます。

日 時:11月8日〜9日(一泊二日)
会 場:山梨県小菅村
受講料:18,000円
定 員:20名(定員になり次第締切となります)
講 師:平井 巧 氏(トータルフードプロデューサー)
    長田敏希 氏(クリエイティブディレクター)

申し込み:東京農業大学エクステンションセンター→HP

申し込み開始は9月4日からです!皆様ぜひご参加下さい。

注意:源流大学の一般向け講座は村内の民宿等に宿泊しますので、相部屋になる可能性があります。どうかご了承下さい。

村には美味しいものがたくさん

村には美味しいものがたくさん

保存食についても学べます

保存食についても学べます

The following two tabs change content below.
スタッフ

スタッフ

このサイトを運営する多摩川源流大学のスタッフです。源流大学や小菅村、農大でのイベント情報などを紹介します。

食べてみます

ふあふあの綿あめは飴に戻るのか

最近あめ玉をいれると、綿あめにしてくれる綿あめ器が家庭用に販売されています。実は私は綿あめが世界で一番好きなお菓子なので、この情報も販売直後からチェックしていました。それだ......
top

本は元気のカンフル剤であり、成長の肥料である。

「若い時に読んだ多くの書物の上に、今のあなたの地位は座っていると思え」中国の皇帝がそう言ったかは知りませんが、私はそう思う。最近、若者は書籍を読まないと言われているが、果た......
現在はみかんがたくさんなっています

農のある風景を訪ねる〜伊勢原みかんスケープ〜

私のお気に入りの風景を紹介するこのシリーズもいよいよ最終回となりました。第1回目の山梨県小菅村の畑スケープ(第1回)、第2回目の愛知県新城市の蚕スケープ(第2回)も多くの方......