ズゴックと一緒に農作業する休日

IMG_0131

日本ロボットアニメ史上最も有名な作品の一つに機動戦士ガンダムというシリーズがあります。様々なモビルスーツと呼ばれるロボット達が活躍するアニメで、私はその中でも主人公ガンダムの敵である『ズゴック』というキャラクターが好きです。「どこが好きなんですか?」とよく聞かれますが、見た目や色など全体の雰囲気が好きなので、ここ!という所はありません。しかも私は一度もガンダムのアニメを見たことはないのです。だから彼がどんな性能かも知らない、多少ガンダムファンに教えてもらったものの、まだまだミステリアスな存在です。ある日突然虜になった、恋とはそういうものかもしれません。

ズゴックといつでも一緒!

常にズゴックと過ごしたい私は、近所の公園を散歩する時も、仕事で打ち合わせに行く時もいつでも一緒です。

職場でも一緒

職場でも一緒

打ち合わせ中も一緒

打ち合わせ中も一緒

新幹線にも一緒に乗りました

新幹線にも一緒に乗りました

一緒にいることがまるでイギリス人のティーとスコーンのように当たり前な私達は、山梨県小菅村にも一緒に行くことが多いです。小菅村一帯は四万十累帯の小仏層群で石が多く、畑を開墾すると拾っても拾っても石が湧くようにでてきます。また、急な坂や源流域の美しくも厳しい自然が多く、戦場で戦ってきたであろうズゴックにぴったりのロケーションです。

山に囲まれています

山に囲まれています

水陸両用のズゴックにぴったり!

水陸両用のズゴックにぴったり!

そこで、1年間の実習にズゴックを連れて行き、小菅村内で一番かっこよくズゴックが撮影できる場所を探すことにしました。

こんなにかっこいい写真が撮れるはず!

こんなにかっこいい写真が撮れるはず!

源流大学の畑『山沢ベース』に潜入

ガンダムでは基地のことをベース(base)と呼ぶらしいのでズゴックが訪れた小菅村の場所もベースと呼ぶことにしました。小菅村の地名をベースにするとそれっぽく聞こえます。ベースさえつければ何となく村全体が訓練場や基地に見えてくるから不思議です。

普通の体育館さえ基地っぽい!

普通の体育館さえ基地っぽい!

ズゴック小菅村侵略作戦の第1歩として、源流大学でいつも使っている畑で撮影することにしました。小菅村の畑は石が多く、ズゴックの大きな足で歩かないとすぐにフィギユアがこけてしまいます。畑の中でただ撮影するだけでは基地を作っている感じがしないので、ズゴックと友達のアッガイが命令されて開拓にきた。というストーリーで撮影しました。

今日は草刈りの作業をします〜

今日は草刈りの作業をしま〜す〜

学生と一緒に草刈り

学生と一緒に草刈り

夏は草がすごい!

夏は草がすごい!

最初は石のごつごつした感じがズゴックに似合っている!と思っていたのですが、夏の草がボウボウな所もワイルでいいです。

すごくかっこいい私のズゴック!

シャア専用ズゴックの赤が緑の草に映えます。
ズゴックの爪が3本だからこそ刈り払い機もしっかり持てます。そんなところも、まさに農作業するために生まれてきたという感じで素敵です。

お芋も植えよう!

お芋も植えよう!

しかし、やはり何か足りないのです。ズゴックの性能を活かすにはもっとなにかあるはずです。ズゴックが一番輝ける場所、それを見つけるにはまだまだズゴックと様々な場所に行ってみる必要がありそうです。

まだまだ旅は続く

まだまだ旅は続く

やっぱりかっこいい!

やっぱりかっこいい!

The following two tabs change content below.
矢野加奈子

矢野加奈子

多摩川源流大学担当のスタッフです。美味しいものと楽しいこととズゴックが大好きな平均的な人間です。 源流大学で「ちゃの」と言えば私のことです。名字の「やの」とは関係ないけど。

天の虫!

農のある風景を訪ねる〜愛知の蚕スケープ〜

私のお気に入りの農風景を紹介するこの連載コラム、第2弾を迎えることになりました。記念すべき1回目は小菅村にある橋立地区の掛け軸畑の風景を紹介しました。(掛け軸畑の記事はこち......
かわいいね!

動物が近すぎる動物園に行く

動物に会うことができる施設「動物園」。日本には多くの動物園があり、日本では見ることのできない動物を生で見ることができる。ただガラス越しだったり、柵越しだったりと、動物との距......
eye

本を読むことは経験のショートカット 

「その人を本当に理解したいなら、本棚を見ろ」、そんなことを日本の偉い経営者が言った、かどうかは知りませんが、私はそう思う。その人の本棚を見ると、その人の人生までわかるようだ......