謹賀新年! 紙を作って2021年の目標を書き初めする

お正月である。明けましておめでとうございます。2021年も私と皆様と私のますますの飛躍を祈っております。2021年は仕事と笑顔と仕事が溢れる一年になればいいと願っております。

ということで、お正月である。お正月にしなければならないことがある。それは書き初め。1年の目標を白い紙に書き記すのだ。1年の始まりに目標を書き記すことで、素晴らしき1年となるのだ。

一年の計は元旦にあり
素晴らしき1年にするためには、お正月の過ごし方が大切。一年の計は元旦にあり、と言うように、のほほんと過ごしていてはダメなのだ。素晴らしきお正月を過ごさねば、素晴らしき1年はやってこないのだ。

書き初めをしましょう!

つまり、2021年の目標を書き初めすることが大切なのだ。2021年の目標を真っ白な紙に黒い墨で書く。素晴らしき1年をその紙に記すのだ。ということは、紙も大切かもしれない、ということで、紙から作ろうと思う。

多摩川で野草を摘みます!

母なる多摩川で野草を摘む。紙を作るので、その紙に野草を埋めこもうと思うのだ。素敵な紙ができそうではないか。ただの白い紙でもいいけれど、この寒い時期にたくましく生きる野草を紙に埋め込むことで、さらなる素晴らしき紙が生まれるのだ。

ちなみに寒いです!

野草をとって来ました!

紙を作る
1から紙を作るのは難しい。木を植えるところから始めなければならない。そんな時間はない。そこでトイレットペーパーから、文字を書く紙を作ることにした。紙から紙を作る。でも、最終的な形が異なるのでいいということにしよう。

必要なものを準備しました!

トイレットペーパーを、

ちぎって、

ベットボトルに入れます!

爽やかだ。とても爽やかな気持ちだ。とても創造的な1日だと思う。だって紙を作っているのだから。おせちも食べない、テレビも見ない。どれも家にないだけなんだけどね。一人暮らしだから、わざわざおせちは作らないし、テレビはそもそも持っていないし。

洗濯のりを入れて、

60度くらいのお湯を入れて、

しばらくシェイク!!!

厳かな気持ちなる。お正月に一番必要な気持ちなのではないだろうか。厳かなお正月。素晴らしきお正月ではないか。書き初めをする前から書き初めは始まっているのだ。書き初めとは、その瞬間だけの話ではないのだ。ずっと書き初めなのだ。

バットに網を置いて、

シェイクした液体を、

注いで行きます!

そして、水を切って、

雑巾を敷いたバッドに移し、押す

押した、とても押した。優しくではあるがすべからく押した。押して、水分を出すのだ。強く押すと穴があくし、優しいと水が切れない。いい塩梅で押すのだ。2021年はいい塩梅でいろいろなものを押していきたい。押しの2021年なのだ。

多摩川で採った野草を、

先の紙の上に置いて、

さらにシェイクした液体をその上に乗せて、

また押す!

形になってきました!

豪華な紙ではないか。ただ白いだけではない。そこに野草という根性が宿るのだ。宿りすぎて困るほど宿るのだ。宿りすぎてもはや宿ってないと言っても問題ないほど宿っていると言ってもいいほど宿っていないと思うほど宿っている。宿る2021年なのだ。

フライパンを温めて、

先の紙の上で動かして、

乾かす!

ちなみにこの作業は、アイロンでいい。ただ私の家にはアイロンがないのだ。普段、全くアイロンがけをしない。たぶん一人暮らしを始めた18歳から、一度もアイロンをかけていない。そもそもないからかけられないけれど、かけたいと思ったこともなかった。

さらに網に入れて放置!

夜の書き初め
お湯でトイレットペーパーを溶かしているわけだから、作り出す紙はバンバンに水分を含んでいる。それを完全に乾かすには時間がかかった。どのくらいかかったのだろうか。ミッドナイトの頃に外に出たら紙が乾いていた。

乾きました!

紙ができました!

2つ驚くことがあった。まず1つ目。外が凍えるほど寒いこと。とんでもなく寒いこと。2つ目は完成した紙の野草が全然目立たないこと。根性が宿るとかいろいろ書いた気がしたけれど、ほぼ目立たない。奥ゆかしいのだ。奥ゆかしい2021年なのだ。

誰もいない、

多摩川に来ました!

せっかくの書き初めである。家でやるより外でやりたい。私の書く目標を天井という遮るものがない状態で天へと届けたいのだ。そして、ソーシャルディスタンスを必要される時代だから、誰もいない夜を狙って多摩川にやってきたわけだ。

その結果、2度!

その結果、冷たい強風!

寒いのだ。とても寒いのだ。こんなにも寒いのかと驚くほどに寒い。気温だけではなく、風も厄介。多摩川という遮るものがない場所では、冷たい風が新幹線くらいの勢いで吹いている。でも、やろうではないか、書き初めを。2021年の目標を記そう。

準備が整いました!

書き初めをしようではないか!

法被である。お正月はめでたいものだし、一年をハッピーにしたいからこそ法被が、書き初めの正装と言えるだろう。問題があるとすれば、気温が2度で、冷たい風が吹き付けていること。寒いのだ。でも、書き初めである。

あと、暗いね!

2021年の目標は何にしようか、と考えながら、筆に墨をつけ、自らが作った紙に1文字1文字丁寧に書いて行く。書き上げて行く。ここに書いた目標が2021年という1年間の目標であり、豊富であり、願いのだ。考え抜いて書き上げた。これが私の2021年なのだ。

トゥルーラヴ

2021年の書き初めであり目標は「トゥルーラヴ」。「ラブ」ではなく「ラヴ」であることがポイントだ。ここに2021年のこだわりが出ている。有声唇歯摩擦音を出していこうぜ、ということなのだ。有声唇歯摩擦音の2021年なのだ。

そう、トゥルーラヴ

素晴らしき目標とは思わないだろうか。ただのラブではない、ラヴだ。ただのラヴではない、トゥルーラヴだ。ラヴに溢れる2021年を感じさせる素晴らしき書き初めだと思う。ぜひ多くの人に協力していただき私のトゥルーラヴを確かなものにしたい。

とにかくトゥルーラヴ

これで書き初めは終わった。寒かった。本当に寒かった。だって法被1枚なんだもん。法被って隙間だらけで、冷たい風が直に肌に当たるのだ。でも、全ては素晴らしき2021年のため。トゥルーラヴなのだ。

とにかく寒い!

2021年もお願いします
2021年の書き初めが素晴らしく決まった。毎年やっているので、恒例行事になっているのだけれど、やはり書き初めをすると「がんばろう」という気持ちになる。もうこんな寒い思いをしないでいいように頑張ろう、と思うのだ。ということで、私と皆さんと私の2021年が素晴らしい1年になることを祈っております。そして、何より、お仕事ください! よろしくお願いします!

寒くてだいたいこの姿勢!

The following two tabs change content below.
地主恵亮

地主恵亮

1985年福岡生まれ。地味なファッションと言われることが多いので、派手なメガネを買おうと思っています。東京農業大学非常勤講師ですが、たいだい家にいます。ご連絡は「jinushikeisuke@gmail.com」までお願いします。

地味なスイーツをインスタ映えするように撮る方法

インスタ映えというものがある。写真のSNS「Instagram」に投稿した際に、見栄えがいい写真のことだ。アングルやフィルターはもちろん、被写体にも見栄えすることが求められ......

謹賀新年! 太陽を神とする国家で書初めをする

あけましておめでとうございます。2018年を迎えました。今年もどうかよろしくお願いいたします。一年の計は元旦にありと言います。2018年の元旦に最高の場所で最高の目標を書初......

自分の思い出の地を巡るとエロ本に出会う

故郷というのもはいいものだ。幼き頃を過ごした場所に大人になって出かけると、懐かしさに出会う。ここを歩いた、このお店によく出かけた、など、懐かしさのビッグウェーブである。 ......