ゆめゆめ忘れる事勿れ 第8話

きんきらの仏様、烏丸がそう呼ぶ仏舎利塔に向かい、敵陣に乗り込んだ九郎と小鷹。九郎も焙烙玉を駆使して男たちをなぎ倒していく。相手の反撃にもめげず善戦する二人。いよいよ烏丸との死闘が迫る第8話

第1話はこちら→http://genryudaigaku.com/archives/6199
第7話はこちら→http://genryudaigaku.com/archives/6472

第三章 おぼえておけ

巻き上げられた土と煙が落ち着いて、辺り一帯が晴れていく。

「奴ら、今ので死んだんじゃねえか」

刀を持つ男のうちの一人が坂を見上げながら言った。

「かもな。もう一発ぐらい投げとくか」

火縄を弄びながら長い髪の男が答えた。

「その必要はなあい!」

九郎の声がした。
見上げると、九郎が坂上に立っていた。

「俺は生きてるぞ!」

九郎は叫ぶと、坂を斜めに駆け下り始めた。

「射て!」

すぐさまその姿を矢が幾本も追い、背に突き立った。
しかし、つんのめりながらも速度を落とさず九郎は走り続ける。

「きかねえよ」

九郎は先ほど爆発で半分になった板を、縄でぐるぐると背に巻き付けていた。
次から次へと飛んでくる矢を背で受け止めながら、仏舎利めがけて走っていく。
鍛えた逃げ足がこんな所で役に立つとは思わなかった。

九郎の前方に何か重いものが落ちた。すぐさま後ろに飛びのく。
直撃は避けたが、爆風に吹き飛ばされ土の上を二、三度跳ねる。

「手間をかけさせやがって」

焙烙玉を投げた男が、九郎の髪を掴んで引き起こすと容赦なく拳を降らせた。

「命乞いしてみろ」

九郎の顔を何度も殴る。

「ほら、早く言ってみろよ」

もう一発。

「……お前に、命乞いする暇は、ない」

ひゅうひゅうとか細い笛のような声で九郎は言った。
「ああ?」

酒臭い息を吐きかけながら、男が九郎に耳を寄せた。

「そいつはな。お前には命乞いする時間などない、と言っている」

背後から響いた声に振り向こうとする間もなく、小鷹の剣は男の顎の下まで切り下げていた。

「すまん。無事か」

九郎は切れた口の血を吐くと、右足首の痛みに呻いた。

「悪い、足首くじいたみたいだ。他の奴らは?」

「他の四人は始末した。お前が引きつけてくれたおかげで楽だったぞ」

刀を軽く振って血しぶきを飛ばしながら小鷹が言った。

「え、もう? ちょっと早すぎやしませんか」

「雑魚にかける時間はないだろう?」

「……小鷹が味方で本当によかったわ」

「それはなによりだ。そんなことよりも見ろ」

小鷹が随分と近くなった仏舎利を見上げた。
月の光にしんしんと照らされた、乾いた犬の頭蓋骨のような塔。
階段の上には誰もいなかった。

周りを見渡してもいない。小刀が腹に刺さった男が倒れているきりだ。
風も、木々も、獣も虫も身動きすらしない、真に完璧な静けさが辺り一面を支配している。

「烏丸がいない!」

「烏丸だけではない」

確か、男たちの数は一五人。
倒した奴は一二。
残りの奴らはどこへ行ったのか。

「静かすぎる。いつでも投げられるようにしとけ」

「わ、わかった」

九郎は小鷹の手を借りて立つと、取り出した焙烙玉と火縄を握りしめた。
小鷹が刀を青眼に構える。
秋の夜の冷たさが、火照った肌に染みてくる。

二人の呼吸音以外何も聞こえない。それにも拘らず、ゆっくり首を絞められているように吸い込む空気が重たい。

何かが潜んで良そうな木々の暗がり。
叫びだしたくなるような焦燥感。
肌を冷たくなでる不安感。

「烏丸、どこだ」

九郎は耐えきれなくなって呟いた。
ちりん、澄んだ小さな金属音が鳴った。

「よ、んだ?」

九郎は真っ赤な舌先に鼻をべろんと舐められた。

「ひいっ!」

「ふひ、ひ、驚いた。もいっこびっくり、あげる。嬉しい?」

尻餅をついた九郎をおかしそうに見下ろしながら、烏丸が両手にぶら下げた丸い何かを放った。
重い音と何かが潰れるような音がして二つの丸いものが転がる。
月の明かりに照らしだされたそれは、誰かも知らぬ男たちの首だった。

「ね?」

にこ、と烏丸が笑った。
鳥肌が立つほど美しい微笑みだった。
小鷹は背中に汗が伝うのを感じた。

「お前は何者だ? こいつらは仲間じゃないのか? なぜこんなことを」

烏丸は笑みを納めるとゆるく小首を傾げた。

「オレ、は烏丸だよ。なかまってなに? ともだちのこと? 違う、よ。こいつらは勝手についてくるだけ。お兄さんがこいつらと戦うの、たのしそうだったから、オレもやった。村はつまんなかった、から」

「よくも……」

立ち上がり駆けだそうとする九郎の肩を小鷹が抑えた。

「烏丸、お前はなぜこんなことをするのだ?」

「オレはご飯、が食べたい。だから弱い奴からもらうんだ、オレは、強いから。それで、女は男よりもっと弱い。可哀そう、だから楽にしてあげる、の」

「楽にする、だって?」

九郎は思わず聞きかえした。

「死ぬのは、楽になる、って言ってた、あの人。だから、する。した。してあげた。オレが」

汗が九郎の顎を伝って滴り落ちた。

「な、にを言ってるんだ」

「だからね」

暗闇の中、ふわりと白いものが九郎の目の端に映った。

「え」

気づけば刃が目の前に迫っていた。
肩に焼けつくような感触。
襟首を思い切りひかれ、九郎は後ろに吹っ飛んだ。
転がった九郎の前に飛び出した小鷹と烏丸が相対する。

「九郎、すぐに片づける。それまで生きていろ」

「おれは大丈夫……だ」

とはいうものの九郎は肩を斬り裂かれていた。
冗談みたいに沢山の血が流れていくのが分かる。とにかく肩が熱く、痛い。
ひねった足首にもずきずきと痛みが走っていた。

冷え冷えとした風が血の臭いのする空気をかき混ぜ始めた。
木々がざわざわとまるで戦いに興奮したかのように揺れた。

「ん、ふふ。兄さんってば、強い、ねえ。オレ、烏丸って言うの。よろしく、ね」

形のいい唇が嬉しそうな吐息を漏らしながら、妙にたどたどしく名乗った。

「お兄さん怪我、した。 これならオレの方が絶対強い、ね?」

小鷹の右腕に赤黒い染みが広がっている。

「もう黙れ……!」

小鷹は吐き捨てると刀を下段に構えた。
烏丸が激しく切りたてるのを、小鷹がうち払っては返す刀で、首を狙おうと踏み込む。
その拍子に微かに小鷹の刀が烏丸の頬を抉ったが、気にすることなく烏丸は逆袈裟に切り上げた。

小鷹と違い、烏丸の剣には技術がない。
刀を呼吸が続く限り一切の躊躇いなく稲妻のように降り続ける。
自分の負傷も意に介さないその剣は、単純だが実践では恐るべき威力を発揮していた。
まだ獣の方が理性ある戦いをする。小鷹はぎりぎりで刀を避けながら思った。

金属の激しく打ち合う音が、更けた夜に響く。
小鷹が、下から巻き上げるようにして烏丸の刀を弾き飛ばした。

「あ」

烏丸が腹に刀の突き立った死体につまずいた。

「せえい!」

小鷹は踏み込み、大上段に振り上げた刀を渾身の力で振り下ろした。
小鷹と烏丸の身体が交差し、月の光の中に血の雫が舞い散る。。

「ひぎあああ!」

烏丸の、魂消るような声が木々の間に木霊した。

「う、ああ、い、顔、いた、あああ、あ、痛いい」

小鷹の剣は、烏丸の右目と鼻を潰し、左頬を斬り裂いていた。
烏丸はそれでも震える手で刀を振り上げたが、取り落とす。

「あ、ああ。いたい」

諦めた烏丸は木々の方へとよろめきながら近づいていった。
九郎は肩の痛みも忘れて叫んだ。

「待て、烏丸!」

追いかけようとするも、足に走る鈍い痛みと燃えるような熱で立ち上がれなかった。
動く方の手で土を掴み、なめくじのように枯葉の上に血の後を残しながら這う。
しかし、爪が小石をひっかき、血が滲んでも到底追いつけない。
だんだんと小さくなっていく烏丸に手を伸ばす。
もう少しなのに、もう少しで殺せたのに。

「烏丸! この、畜生があ!」

九郎の前進も虚しく、烏丸は闇の中へと消えていった。

小鷹も血の中に倒れていた。
その胸には小刀が深く突き立っている。
あのとき、烏丸は体勢を崩した瞬間、足元の死体から小刀を抜きとり小鷹に刺していたのだ。
恐ろしい反射神経であった。

「おい! 小鷹、しっかりしろ!」

這いずりながら戻ってきた九郎は、小鷹を抱え起こした。

「く、ろ……」

小鷹は口から泡混じりの血を吐くと、遠くを見たまま動かなくなった。
九郎の腕にずしりと体重がかかる。

「小鷹? なあ、目開けてるだろ、返事しろってば」

返事はない。
勢いよく胸に広がっていく血が、少しずつ冷えていく体温が、とうてい現実とは思えなかった。だが、気持ちとは裏腹に視界が滲んでいく。

「おい、起きてくれよ、頼むから……」

静寂の中に落ちた濡れた呟きを、月よりほかに聞くものはいなかった。

九郎は仏舎利に背中を預けて座り込んでいた。肩からは今だに血が流れ続けている。
そんな九郎を黄金の仏が微笑みを浮かべながら見下ろしていた。

小鷹は死んだ。

烏丸は深手を負ったままどこかへ逃げた。
九郎もまた、ここでゆっくりと死んでいくのだろう。
段々と周囲がかすみ始めてきた。
だが、九郎の目には火が灯っている。                       
蝋燭の火のように小さく揺らいでいるが、確かに燃えている。

「まだ終わっちゃいない……」

このままゆっくり死ぬのなんざまっぴらごめんだ。
もう、どうすればいいのかわかっていた。
九郎は胸元に手を伸ばし、鎧どおしを取り出した。
震える手で引き抜き、冷たい刃を喉に押し当てる。
倒れた男の何も宿さない瞳を一瞥し、唇をきつく噛んだ。

「必ず、助けてやる」      

そのためにできる事。
今はただ、死ぬだけだ。
鋭い熱さと痛みが喉を駆け、九郎の世界は暗転した。

*この小説はフィクションです。実在する地域の地名や伝承を使用していますが、登場する人物・団体・出来事などは架空の物であり、実在するものとは関係ありません。
*この小説は木曜日に更新されます。

前のエピソードを読む 第7話へ
次のエピソードを読む 第9話へ

筆者:藤田侑希
イメージ写真:井口春海、矢野加奈子

The following two tabs change content below.
スタッフ

スタッフ

このサイトを運営する多摩川源流大学のスタッフです。源流大学や小菅村、農大でのイベント情報などを紹介します。

村で学ぶ手前味噌〜後編〜

さて、前回までは大豆をゆでるという味噌ッションまでは無事にこなすことができた私ですが、いよいよここからが味噌づくりの大事な作業です。 前回の様子は「村で学ぶ手前味噌〜くわ......

絶対に滑らない最強「足袋×わらじ」

釣りが趣味で、友人達とよく多摩川によく釣りに行く。釣りをしていると必ず思うことがある。それは「川めっちゃ滑るじゃん。」ということだ。誰もが、一度は川で滑って転んだことがある......

ザリガニなのにカニの味? ウチダザリガニが美味しい

ザリガニというものがいる。多くの人はアメリカザリガニを思い浮かべたのではないだろうか。全国の川や田んぼにいるので、珍しくはなく、子供の頃にスルメなどを使って「ザリガニ釣り」......