謹賀新年! カラフルな街で書初めをする

謹賀新年である。皆様、あけましておめでとうございます。2019年は大変お世話になりましたが、2020年はより皆様のお世話になりたいと思っております。どうか、何卒、2020年も地主恵亮をよろしくお願いいたします。お仕事をください。リツイートしてください。お仕事をください。いいね! してください。お仕事をください。はてブしてください。お仕事ください。

というわけで、2020年を素晴らしい年にするために書初めをしたいと思う。一年の計は元旦にあり。2020年の目標を書初めするのだ。そして、色彩豊かな一年にするためにカラフルな街で書初めしたいと思う。

2020年が始まりました
いよいよ2020年が始まった。待ちに待った2020年と言ってもいいかもしれない。スーパーファミコンが発売30周年を迎え、PlayStation2が発売から20周年を迎える。そんな年なのだ。素晴らしき2020年だ。

素晴らしき2020年が始まりました!

そんな2020年をもっと素晴らしき一年にしたい。私の2020年が光り輝くのはもちろん、皆様の2020年もカラフルに色彩豊かな一年になって欲しい。私の幸せは皆さんが幸せになることなのだ。もちろん逆も然りだと思うので私にお仕事ください、「jinushikeisuke@gmail.com」までご連絡ください。

カラフルな一年にしたいですよね!

モノトーンな一年と、カラフルな一年ならどちらがいいだろうか。カラフルな一年だと思う。運命の人と出会い、人生が色彩豊かになるように、2020年を彩り豊かにしたい。一年の計は元旦にありだ。ということで、カラフルな街で書初めをすることにした。

ということで、グアヤキルに来ました!

エクアドルで書初め
カラフルな街を求めて、南米・エクアドルのグアヤキルにやってきた。エクアドル最大の都市(首都ではない)であり、エクアドルの国章にも描かれている「グアヤス川」も流れている。ここにカラフルな街「サンタアナの丘」があるのだ。

カラフルな街、

サンタアナの丘に来ました!

カラフルだった。とてもカラフルだった。若干色あせている気もするけれど、日本と比べると間違いなくカラフルな家々が並んでいる。もともとはカラフルではなかったそうだけれど、今はカラフル。2020年をこの街のようにカラフルにしたいではないか。

まずは民族衣装的な衣装を、

買いました!

せっかくのカラフルな街で、せっかくのエクアドルなので民族衣装的な衣装を買った。アルパカの毛を使っている、とお店の人は言っていた。値段が安かったので、本当かどうかはわからないけれど、確かにチクチクしない。チクチクしない2020年。なんだかいいじゃない。気持ちいい2020年ということだ。

ということで、

広大なグアヤス川を眺め、

民族衣装的な衣装に着替え、

書初めが始まります!

カラフルな街で
カラフルな街「サンタアナの丘」が見える場所で書初めをする。そのために習字道具を広げる。硯に水を垂らし、2020年が素晴らしき一年になりますように、と願いを込めながら墨をする。なんて素晴らしい時間なのだろう。邪念は消え、心に薄荷のような風が吹く。

邪念を捨て、

墨をする!

2020年の目標を書く。なんと書こうか。2020年を素晴らしき一年にするための目標。墨をすることで、邪念が消えたからこそ見える、心が求める目標。それは世界が求めるものでもあり、誰もが必要とする目標なのだ。私の目標であり、誰しもの目標でもあるのだ。

書きます!

2020年の目標を!

筆がスラスラと進んだ。迷いのない筆さばきだった。周りを見渡せば、幾人かのギャラリーもいた。しかし、そんなことには書き終わるまで気がつかなかった。なぜなら私は2020年の目標を記すことに全身全霊だったからだ。そして、これが2020年の目標(書初め)だ。

トゥルーラヴ

トゥルーラヴなのだ。2020年はトゥルーラヴなのだ。ラブではなくラヴなのだ。そのようなこだわりに気がついて欲しい。だって、それが本当のトゥルーラヴだから。カラフルな街がトゥルーラヴに彩りを与えている。墨で黒だけれど、なんだかカラフルに見える。だって、それが本当のトゥルーラヴだから。

よく書けたと思います!

これを書いている時に、地元の方が私を日本人の誰かと勘違いして、声を書けてくれた。最初はただ「日本人か?」と聞かれていると思って「YES」と答えていたら、どうも違ったみたいで「会えて感動しています」的なことを言って、記念撮影までしたので、なんだか申し訳ないのだけれど、「トゥルーラヴ」にそれだけの力があったのだと思っています。

ということで、2020年はトゥルーラヴです!

トゥルーラヴ2020
カラフルな街で2020年の書初めをした。2020年はきっと色彩豊かな一年になるはずだ。だって、カラフルな街でトゥルーラヴと書いたのだから。ということで、皆さんの一年が彩り豊かなトゥルーラヴになるように、そして私の一年がトゥルーラヴであるために、どうかお仕事をください。今年もよろしくお願いします。

本当にエクアドルに来ています!

カラフルな街からの景色!

The following two tabs change content below.
地主恵亮

地主恵亮

1985年福岡生まれ。地味なファッションと言われることが多いので、派手なメガネを買おうと思っています。東京農業大学非常勤講師ですが、たいだい家にいます。ご連絡は「jinushikeisuke@gmail.com」までお願いします。

滋賀県の「近江ちゃんぽん」が美味しすぎる

ちゃんぽんというものがある。多くの人はいま「長崎」を思い浮かべたのではないだろうか。リンガーハットなどもあり、ちゃんぽんと言われると条件反射で「長崎」を思い浮かべる気持ちは......

農大の楽単? 源流大学の実学実習とは

多摩川源流大学とは、東京農業大学が行う『人材育成プロジェクト』の名称です。環境省の令和元年度『環境教育体験優良事業』にも選ばれており、まさに農大の『実学主義』を体感できる授......

北九州市で自分で魚を釣って自分でお寿司を作る

お寿司というものがある。シャリと呼ばれるご飯の塊の上にお刺身が乗っている、歴史ある食べ物だ。100円で食べられるお寿司もあれば、時価というお寿司もある。日本を代表する食べ物......