川魚でかまぼこを作ったら美味しんじゃないか

「かまぼこ」というものがある。魚のすり身で作られたぷりぷりで美味しいやつだ。スーパーに行けばいろいろなかまぼこが売られている。白いやつ、赤いやつなど。お正月などにもかまぼこは外せない食べ物だ。

そんなかまぼこは、タラやタイなどの白身魚で作られる。ということは、川魚でもかまばこを作ることができるのではないだろうか。マスは白身。かまぼこは白身。なんの問題もない。きっと美味しいはずだ。

かまぼこは海の魚
かまぼこが好きだ。とても美味しいと思う。何かのおかずとしてではなく、かまぼこだけで成り立つのだ。おせちのかまぼこは特に美味しくて、一番に食べる。しかも彼は広い心を持ち、単体でも成り立つのに、ちゃんぽんなどの料理に入れても美味しいのだ。

かまぼこって美味しいよね!

板につく、という言葉がある。まさにかまぼこがそうだ。板についている。板につくという言葉自体はかまぼこは全然関係ないけれど、板についているのだ。だって美味しいから。そんなかまぼこは白身魚で作られている。

タラとかね!

エソ、スケトウダラ、タラなどの白身魚が原材料だ。最近はイワシやサバなどの青魚でも作られているそうだけれど、スタンダードは白身魚。そして、海の魚で作られるということだ。これを川の魚で作ったらどうだろう。

川の魚です!

ヤマメ、ニジマス、イワナなどの川魚は白身なのだ。鮭も身は赤いけれど白身。かまぼこは白身で作るので問題ないのではないだろうか。むしろ美味しい可能性もある。海の魚ほど川の魚は大量に採れないし小さいので、市場に出回りにくいだけで、美味の可能性があるのだ。

ということで、川魚を釣ります!

川魚を手に入れる
海の魚はスーパーに行けば売っているけれど、川魚はあまり売っていない。鮎が売られているのは見たことあるけれど、たとえば「アメマス」が売っているのを見たことはない。ということで、自分で仕入れるしかないのだ。

アメマスを釣って、

ニジマスを釣って、

ウグイも釣れた!

今ものすごいダイジェストでお送りしている。朝から釣りを始めてもう全然釣れなくて、写真も全然ない。釣れていない写真もなく、ひたすら無の時間だった。どうにか数匹釣ることができて、どうにか仕入れることができたのだ。

どうにかゲットできました!

かまぼこを作る
ニジマス、アメマス、ウグイを釣ることができた。ニジマス、アメマスは焼き魚などにして食べることがあると思う。ウグイは外道と言われ渓流釣りでは歓迎されない魚だけれど、白身で淡白で美味しいらしい。かまぼこに最適だ。

鱗を取ったり、

三枚におろしたりして、

3匹の身を集めました!

この状態にしたら身を洗い、水を切る。綺麗な身だ。白身だ。かまぼこに一番向いているのではないだろうか。私は今までかまぼこを作ったことはないけれど、なんとなく一番向いていると思う。たぶん、きっと、おそらく。

洗って、

水を切って、

叩く!

身をとにかく細かくするのがポイントだ。ここで塩を入れて叩く。美味しいかまぼこを作るためだ。今まで作ったことないのであれだけれど、ここまでは完璧だと思う。さらにすり鉢に入れて身を潰していく。

すり潰す!

片栗粉を入れて、

さらにすり潰す!

眠っていた才能が目覚めたのではないだろうか。今までいろいろなことをしてきた。こうやって文章を書くのもそうだし、写真もやったし、手紙の仕分けなどもやってきた。でも、私に一番才能があったのは、かまぼこ作りかもしれない。

板に盛って、

残りのすり身に色粉を入れて、

完成です!

あ、違ったかも。かまぼこの才能ないかもしれない。全然売っているのと違う。そもそもさっきの自信はどこから来たのだろう。自分でもわからない。でも、まだわからない。これから蒸すのだ。蒸せば、売っているかまぼこのようになり、私の才能に間違いないとわかるのだ。

蒸して、

完成です!!!

とんでもないモンスターを生み出してしまったかもしれない。全然知っているかまぼこではない。なにこれ? という感じだ。深海にいそうな感じになった。川魚のかまぼことかの問題ではなく、そもそもこんなかまぼこを知らない。

かまぼこです!

果たして味は
見かけが全てではない。人間もそうじゃない。性格が大切じゃない。性格こそ全てじゃない。このかまぼこの見た目はともかく、味がすべてなのだ。味が良ければ全て良しなのだ。川魚のかまぼこを食べようではないか。

普通のかまぼこと全然違うけどね!

切りました!

食べます!

うーん、、、

なんだろう、特別まずいということはない。ただ特別美味しいということもない。海の普通のかまぼこと比べると劣る。売っているものと手作りという違いはあるけれど、そういう問題ではなく、味が劣る。なんだろう、泥の味だ。泥を食べたことはないけれど、そういう味だ。

いろんな人に食べてもらいました!

誰一人「美味しい」という声は聞こえなかった。別に食べられない、ということは全然ない。ただ海の魚のかまぼこに圧倒的に負けている。甲子園の地方予選の一回戦みたいな圧倒的差が生まれている。泥なのだ。あの夏の日の泥の味なのだ。

個性的ではあるよね!

よく川の魚は泥臭いと聞くけれど、それが出てしまった感じだ。焼いて食べたりすると別にそんなことはないのだけれど、かまぼこにするとダイレクトに出るのかもしれない。ただね、まずいわけではない。一番の問題は見た目だな、食紅を入れすぎたし、形もモンスターみたいだ。私にはかまぼこの作りの才能はないらしい。

でも、ワサビ醤油で食べると最高に美味しかった!

いろんな魚でかまぼこを!
かまぼこは海の白身魚で作るものだと思っていた。しかし、先述のように青魚で作ったりと、かまぼこの可能性は無限大なんや、と思って、川魚で作ってみた。食べられなくはないけれど、特別美味しいということはなかった。適材適所なのだ。かまぼこにだけはむかないということ。今後もいろいろな魚でかまぼこを作っていこうと思う。

不味くはないんですよ!

The following two tabs change content below.
地主恵亮

地主恵亮

1985年福岡生まれ。地味なファッションと言われることが多いので、派手なメガネを買おうと思っています。東京農業大学非常勤講師ですが、たいだい家にいます。ご連絡は「jinushikeisuke@gmail.com」までお願いします。

館には幸せがある! 福井の海産系の館を巡る

館というものがある。「やかた」と読むか、「かん」と読むか、「たち」と読むか、難しいところだけれど、今回は「かん」と読もう。物産館、郷土資料館、美術館など、世の中にはいろいろ......

ワイルドな夢を叶える! 釣った川魚をその場で焼いて食・・・

夢というものがある。小学生の頃などに将来の夢を作文にしたりした。ただ大人になっても夢は尽きないもので、次から次に夢が生まれる。あれをやってみたい、これをやってみたい、と。 ......

教科書で習った足尾銅山を大人になった今、見に行く

人は誰しも教科書で習った印象的な物事がたくさんあります。国語の授業ではごんぎつねで涙し、理科の授業ではプラナリアの頭が二つに分かれても生きていることに驚愕したものです。 ......