セイコーマートのソフトクリームがなまらうまい

人は誰しも、ソフトクリームが大好きな生き物です。必ずと言っていいほど観光地で売られ、季節関係なくなんとなく食べてしまう。そんな不思議な魅力がソフトクリームにはあるのです。

そこで、日本一の乳業王国北海道でいつでも食べられる、オススメのソフトクリームをご紹介します。

一年中楽しめる、それがソフトクリーム
ソフトクリームは、全国の観光地で必ずと言っていいほど売られている、人気の三大観光フードの一つです。乳牛が盛んな地域はもちろん、そうでない場所でもご当地のソフトクリームが販売され、観光客に大人気です。

ご当地ソフト、つい食べたくなりますよね!

しかも、ソフトクリームって一年中食べていいものなのです。春の桜を見ながら食べる抹茶ソフト、夏の暑さの中食べる塩ソフト、秋の紅葉を楽しみながら食べるマロンソフト、冬のコタツの中で食べるミルクソフト。どれも一口食べれば、口の中に幸せの白い海が広がります。

ソフトクリーム イズ マザー シー

ソフトクリームが一番美味しい観光地と言えば、皆さん北海道が思い浮かぶのではないでしょうか。北海道は生乳生産量日本一の別海町をはじめとする道東地区根釧地域には多くの有名酪農地があり、あのハーゲンダッツの原材料を生産しているほどのソフトクリーム王国。どれもハズレはありません。

別海のおいしい牛乳!

ソフトクリーム王国北海道へようこそ!
そこで、今回は酪農王国北海道で、いつでも、どこでも食べられるなまらうまいソフトクリームを食べることができます。まさにソフトクリーム好きにとって聖地と呼ばれているであろう場所なのです。大吉しか入っていないおみくじのようなものです。

北海道!

北海道根釧台地には、広大な牧草地を走る「ミルクロード」と呼ばれる道もあり、釧路総合振興局のサイトには「根釧ソフトクリームマップ」という夢のようなマップもあります。これは釧路総合振興局と根室振興局の職員有志の皆さんがまとめてくれた手作りマップなのです。本当にありがとうございます。

根釧ソフトクリームマップ(釧路総合振興局サイトより)

しかし、広い北海道、目的のお店まで何十キロも離れているなんてことも少なくありません。そこで、北海道のどこに降り立っても、いつでも美味しいソフトクリームが食べられる。そんな夢のようなお店をご紹介します。あるのです、この北海道には!

それがここです!

セイコーマートのソフトクリーム
セイコーマートは北海道を中心に展開されている、コンビニエンスストアーで、「セコマ」などの愛称で親しまれている。ファンも多く、北海道に行ったらセコマに行くのを楽しみにしていた。という方も多いのではないでしょうか。私もその一人です。

セコマ最高!

ちなみに、農大は網走市に北海道オホーツクキャンパスがあるのですが、そこの購買部にはセイコーマートの商品が入っています。学生さんが羨ましい。
街中にも多くのセイコーマートがあり、北海道に1,189店舗もあるのです。

ソフトクリームコーナー

そんなみんなに愛されるセイコーマートに、ソフトクリームがあります。ソフトクリームくらいどこのコンビニにもあるでしょ、いや、これソフトクリーム風アイスだし、と思われたかもしれませんが、こだわりを持って作られたソフトクリームと遜色ない美味しさなのです。さすが乳牛王国北海道のコンビニエンスストアー!

ここにもソフトクリーム

セコマのソフトは種類豊富!
セイコーマートのソフトクリームは、とにかく種類が豊富です。ノーマルのバニラ味、ミルク味、抹茶味、チョコ味などよく知る味から、北海道ならではの夕張メロンを使ったソフトなど取材時は全8種類もありました。

買いました!全種類!

厳選して、ベストスリーくらいでご紹介しようと持ったのですが、ソフトクリームはもと牛乳だしいけるだろ、しかも全ておいしいし、ということで全部紹介することにしました。一気に。だって、魅力的なアイドルグループって推しを一人に選べないじゃないですか、私はいつでも箱推しです。

というわけで全種類紹介します!

北海道のおいしい牛乳
まずはセイコーマートで販売されているソフトクリームについて、観察してみたいと思います。大きく分けて2種類あります、一つは「アイスクリーム」と記載されているもの、そして「アイスミルク」と記載されているものです。

2種類ある

法律によりアイスの種類は乳成分の量で種類が分かれているのですが、アイスクリームは15.0%以上の乳固形分(そのうちの8.0%以上の乳脂肪分)が入っているもの。アイスミルクは10.0%以上の乳固形分(そのうち3.0%以上の乳脂肪分が入っているもの)を指します。大丈夫、どちらもおいしいです。

とりあえず牛さんありがとう

北海道のソフトクリームって味が濃いですよね、それは高品質の地元産ミルクで作っているからなのです。もちろんセイコーマートのソフトクリームも北海道豊富町産のおいしいミルクが使われています。

すべての酪農家の皆様に感謝!

アイスクリーム編
まずは皆さん大好き「北海道クリーミーソフト」です。アイスクリームを名乗っているだけあって、ミルクの味が濃いです。ワッフル系のコーンも嬉しいところ。トロトロととろけるとよりミルクの味が強くなるので、少しとろけさせてから食べてみてください。海辺でコンブ漁を見ながら食べたい一品です。

北海道クリーミーソフト

正統派のおいしさ

次は「北海道クリーミーソフト チョコ&バニラ」です。先ほどのクリーミーソフトバニラ味にチョコ味がミックスされた、1個で2倍おいしいやつです。
チョコは甘すぎないので、バニラの甘い味わいとマッチして甘いものが苦手な人にも良さそうです。牧草ロール作るところを眺めながら食べたい一品です。

北海道クリーミーソフト チョコ&バニラ

チョコとバニラのハーモニー

そして、ソフトクリーム最後は期間限定「抹茶ソフト」です。これは秋の限定商品だったようで、食べられてラッキィ、と思うほど濃い本格抹茶ソフトです。
パッケージもこだわった作りで、中身が見えないようになっているので、開けた時のドキドキも味分けます。鮭の遡上を狙いに来たクマを見ながら食べたい一品です。

期間限定 抹茶ソフト

和の風を感じる

アイスクリーム編は以上3品です。どれも個性的で、とってもおいしいです。クリームの名がつくのにふさわしい濃さをそれぞれが発揮してきます。北海道の風景が次々と思い返されるのは、このソフトクリームに北海道が詰まっているからなのでしょうか。

おいしいね!

アイスミルク編
次にアイスミルク編です。こちらも王道の「北海道牛乳ソフト」から。北海道クリーミーソフトほど濃くはないですが、味がしっかりとしていて、牛乳本来の良さを楽しむことができます。札幌近郊で羊の放牧をみながら食べたい一品です。

北海道牛乳ソフト

牛乳って、いいね

北海道クリーミーソフトにはミックスがありましたが、こちらは単品で勝負をかけてきます。「北海道牛乳ソフト チョコ」です。濃厚なチョコの味をアイスミルクのさっぱり感で味わうことができます。うねる大地に咲く、一面のラベンダーを愛でながら食べたい一品です。

北海道牛乳ソフト チョコ

少し寒くなってきた、だが、まだいける!

6種類目はかわいい見た目の「北海道牛乳ソフト いちご」です。いちご独特の酸味のある匂いと、ソフトクリームが絶妙にソフトクリーム欲を刺激してきます。ミルクとイチゴってなんでこんなに相性がいいのか。霧の摩周湖くらい相性がいいので、マリモを転がしながら食べたい一品です。

北海道牛乳ソフト いちご

最高のカップルはミルクとイチゴに決定!

そして、季節限定の「栗ソフト」。マロンです! しっかりと栗味で、秋が口いっぱいに広がります。上品な甘さなので、栗の甘露煮を足したいくらいさっぱり。札幌郊外に羊を探しに行きながら、白樺の樹の下で味わいたい一品です。

栗ソフト

栗の味が口いっぱいに広がる

最後にご紹介したいのが、セイコーマートが特に力を入れている、「北海道メロンソフト」です。北海道の牛乳とメロンという最高な魅力をぎゅっと一つに固めた製品です。夕張メロンの爽やかなメロンフレーバーとミルクが、北海道の大地、そしてそこに住む人々の力強さと優しさを感じさせる一品です。

北海道メロンソフト

メロン味にメロメロです

あけましておめでとうございます。
牛乳って、牛の仔っこだけじゃなくて、人も育ててくれるんだね。ありがたいね。私には二人のお母さんがいたんだね、ありがとう。母の日には牛さんにも感謝を忘れないようにします。という思いが湧いてくるほど美味しいソフトクリームを食べることができました。

食べている時間は幸せだった

短時間で8個食べると、その後口の周りが2時間くらい乳臭くなりますが、皆さんも北海道に行った際は、ぜひ食べてみてください。そして、様々なご当地ソフトを制覇しましょう! 今年もよろしくお願いします!

中までしっかり詰まっています

さすがに8個はきつかった

根釧ソフトクリームマップ(釧路総合振興局サイトより)
http://www.kushiro.pref.hokkaido.lg.jp/ss/num/softmap.htm

The following two tabs change content below.
矢野加奈子

矢野加奈子

多摩川源流大学担当のスタッフです。美味しいものと楽しいこととズゴックが大好きな平均的な人間です。 源流大学で「ちゃの」と言えば私のことです。名字の「やの」とは関係ないけど。

ザリガニなのにカニの味? ウチダザリガニが美味しい

ザリガニというものがいる。多くの人はアメリカザリガニを思い浮かべたのではないだろうか。全国の川や田んぼにいるので、珍しくはなく、子供の頃にスルメなどを使って「ザリガニ釣り」......

農のある風景を訪ねる〜愛知の蚕スケープ〜

私のお気に入りの農風景を紹介するこの連載コラム、第2弾を迎えることになりました。記念すべき1回目は小菅村にある橋立地区の掛け軸畑の風景を紹介しました。(掛け軸畑の記事はこち......

街全体がキャンパスの街に行く

みなさんはコミュニティカレッジという言葉を聞いたことがあるでしょうか?主催している団体は色々ですが、おおざっぱに言うと「街のことを、街の人達と、街をキャンパスに学ぼう」とい......