館には幸せがある! 福井の海産系の館を巡る

館というものがある。「やかた」と読むか、「かん」と読むか、「たち」と読むか、難しいところだけれど、今回は「かん」と読もう。物産館、郷土資料館、美術館など、世の中にはいろいろな「館」があるのだ。

今回は福井県にある「館」を巡ろうと思う。それも海産物だけの「館」だ。福井は日本海に面しており、海産物だけでもいろいろな「館」が存在するのだ。

へしこ館
福井に出かけた。日本海に面した美しい場所だった。幸福度の高い県であることがよくわかる。緑は美しく、海は綺麗で、とてもうららかな時間が流れていた。それが福井県なのである。

雨降っていたけどね!

福井には3日ほどいて、晴れていたのはそのうち数時間で、ずっと雨だった。でも、綺麗な海を見ることはできたので、福井県がうららかで素晴らしい県であることは間違いない。そして、素晴らしいと思った理由はもう一つ、「館」があるのだ。

へしこ館に、

へしこ館
福井県美浜町佐柿59-18
http://www.wakasaji-navi.com/attractions_detail.php?xid=372

やってきました!

私は「館」が好きなのだ。どこかにでかけ、「郷土資料館」や「歴史資料館」があれば、必ず寄る。その「館」好きを満足させてくれるのが福井なのだ。だって、今まで聞いた事あるだろうか、「へしこ館」なんて。館の好奇心を満たしてくれるのだ。

これが、

へしこです!

へしことは、鯖を塩漬けにして、さらに糠漬けにした福井の若狭地方の郷土料理。保存食になり、炙って食べるとご飯もいけるし、お酒も進む。かなり美味しい逸品だ。それが「館」になっているのが、へしこ館なのだ。

へしこの歴史を知り、

へしこが買えます!

「へしこの館(やかた)」と言われると、コナンや金田一が来そうな雰囲気があるけれど、「へしこ館(かん)」と言われると急に好奇心がそそられる。そして、入館すれば、へしこまみれになれるのだ。

へしこだらけでした!

昆布館
海鮮物の館はまだ続く。福井は海産物の館がたくさんあるのだ。次は「昆布館」だ。昆布は出汁を取るイメージが強く縁の下の力持ち的な気がする。でも、違うのだ。「昆布館」という、昆布だけに注目した館があるのだ。

昆布館です!(雨が降っています)

昆布館
福井県敦賀市坂下17号3番地の1
http://www.konbukan.co.jp/tsuruga-konbukan.html

昆布だらけです!

昆布を使った商品がこんなに種類があるとは知らなかった。「昆布ゼリー」もあれば、「おしゃぶり昆布」もあり、「昆布羊羹」もあった。出汁として使う昆布もあれば、おやつになる昆布もあるのだ。昆布の無限の可能性がこの館にはあるのだ。

昆布ゼリー美味しかったです!

試食コーナーが充実しており、昆布の全てを味わえるのではないかと思ったほどだ。さらに昆布茶のコーナーもあり、これも無料。いくらでも昆布茶を飲むことができるのだ。あんまり昆布茶と関わりを持たなかった私は1年分の昆布茶を飲んだ気がする。

昆布茶も梅昆布茶もあり、

美味しいのです!

昆布を縁の下の力持ちと思い込んでいた。昆布は主役になれる存在だ。クラスで地味だったあの子が、同窓会で会うとめちゃくちゃ美人になっていた感じ。まさにそれだ。昆布とは美人なのだ。

昆布ソフト(300円)も、

美味しいのです!!!

昆布への評価がここに来て変わった。やはり館には行くべきだ。館により知識を増やすことができる。もっと昆布について知りたい。この昆布館は工場が併設されていて見学できるのだ。昆布の全てがここにあるのだ。

落ち込んでいます!

取材時は改修中でした

越前がにミュージアム
昆布館の工場は改修中で見学することができなかった。そういうことだってあるのだ。気持ちを切り替え、最後の「館」は「越前がにミュージアム」だ。「館」がついていないが、ミュージアムとは日本語で博物館などを意味する。つまり「館」なのだ。

越前がにミュージアムに、

越前がにミュージアム
福井県丹生郡越前町厨71-324-1
http://www.echizen-kk.jp/kani.html

やってきました!

ちなみに「越前かに館」とGoogleで検索しても「越前がにミュージアム」がヒットするので、館で間違いない。そしてこの館は、越前がについて知ることができるのはもちろん、生体を見ることができ、生き物に触れることもできる。カニ漁体験だってできるのだ。

越前ガニの歴史を知り、

実物を

観察でき、

漁師と漁の体験ができ、

触れることもできる!

かなり充実しており、1時間くらいずっと見ていた。もっといてもいいと言われれば、もっと見ることもできる。ただお腹が空いてしまったのだ。カニを見ていたらお腹が空く、至極当たり前のことだ。だって、美味しいそうなんだもん。

隣接するレストラン、

お食事処うおいち
越前がにミュージアム2F

安い!!!

3000円で食べ放題なのだ。最近は安い食べ放題も増えているけれど、この3000円ほど安く感じたことはなかった。めちゃくちゃ豪華なのだ。「マジで!」と驚いた。カニを見てからカニを食べることができるのだ。

どーん!!!

どーん!!!

どーん!!!

どーん!!!

すごすぎる。刺身もあれば、牡蠣もあり、イカは活き造りだし、甘エビも、肉もある。そして、茹でたカニが船に乗っている。こんな船を見たことがない。なんて豪華なのだろう。それが食べ放題なのだ。死ぬ気で食べた。福井すごすぎる。

最高に美味しい!

カニはてんぷらもあった。イクラはすくい放題だった。本気でこの値段なの? と店員さんに聞きたいほどだったけれど、本当にこの値段だった。豪華の極みみたいな小皿を作っては食べた。本当に幸せ。はやり館を巡ることで出会える幸せなのだ。

豪華の極み小皿!

館を巡ろう!
福井の海産物系の館を巡った。館には知への幸せと、食への幸せが溢れているということではないだろうか。館こそがこの世の全てだ。ぜひまた行きたい! と思っている。あの時の豪華の極み小皿の味を忘れられない。あれは厳密には館ではなく、食事処だけど。

ふれあいコーナーに20分もいた!

The following two tabs change content below.
地主恵亮

地主恵亮

1985年福岡生まれ。地味なファッションと言われることが多いので、派手なメガネを買おうと思っています。東京農業大学非常勤講師ですが、たいだい家にいます。ご連絡は「jinushikeisuke@gmail.com」までお願いします。

本棚という冒険の旅 先生の本棚 松林尚志教授の場合

「多くの人は、書籍によって初めての冒険を体験する」とインドネシアの冒険家が書いていたかどうかは知りませんが、私はそう思う。 本棚にはその人の人生や、冒険が詰まっている......

秋の味覚!サツマイモでフルコースを作る

秋といえばサツマイモの季節ですね! 芋好きのあなた、そうでないあなたも芋がおいしい季節です。秋にサツマイモを食べないなんて、人として大丈夫かなと心配になります。 皆さ......
ジャガイモ栽培キットです

ジャガイモ栽培キット「ガチャいも」販売します!

あなたの家でも簡単にジャガイモ栽培!山梨県小菅村で育てたおいしいジャガイモの種イモを大切に寝かせて、女子大生......