多摩川を堰き止める

P1700674s

男子なら一度は「川を堰き止めたい」と思ったことがあると思います。
いや、あるはずです。

私も常々、川を堰き止めてみたいな~と思っていました。
なので、40を目前にした今日この頃、30代の最後の仕事として
いっちょやってみることとしました。

問題はどの川を堰き止めるかです・・・

いろいろ考えましたが、別にどの川でもいいので
たまたま仕事で付き合いのある

「多摩川」を堰き止めることにしました。

始まりなのか、終わりなのか

というわけで、同士を募り多摩川にやってきました。

てくてくあるいて・・・

てくてくあるいて・・・


せっかくなので多摩川の終点、「河口」を堰き止めてやろうと
「0.0KM杭」までやってきましたが・・・・

一部マニアにあこがれの「0km」ポスト

一部マニアにあこがれの「0km」ポスト

よくよく考えると、河口だから終わりのイメージがあるけど、この表示の仕方だと
始まりっぽく見えますな・・・まぁいいけど・・・・

というわけで本来の目的である「堰き止め」られそうな場所は・・・・・

・・・・・・・・

・・・・・・

無かった・・・・
でかいぜ、多摩川・・・・

ちなみに、周辺はこんな感じ

0.0kから見た南

0.0kから見た南

001 – Spherical Image – RICOH THETA


新兵器!360度カメラ ちょっと見てみて!

いや~すごいね!360度全天球カメラ!

というわけで、ここではちっぽけな存在の僕には「堰き止める」ことができないので、
どこか、堰き止められそうな場所を探しに上流部へ歩いて行くことにした!
 
P1700689s

この企画は今後、まだまだ続きます!

The following two tabs change content below.
杉野卓也

杉野卓也

多摩川源流大学担当のスタッフです。人見知りなので初対面ではだいたい怪しがられるのが悩みです。実年齢より年上に見られるのも悩みです。とりあえず、眼鏡を替えてみようかと悩んでいます。
杉野卓也

最新記事 by 杉野卓也 (全て見る)


本は知のつながり 先生の本棚 宮林茂幸教授の場合

「本棚のすべての本は、新しい知というネットワークでつながっている」と日本の科学者が言ったかどうかは知らないが、私はそう思う。 本棚にはその人の知が詰まっているのだ。成......

鶴のくる駅で亀を食べてゲンを担ぐ

人は誰しも幸せになりたいと思っている。幸せにもいろいろあり、彼氏がほしい、お金持ちになりたい、健康でいたいなど人それぞれだ。一生懸命努力すればいいのだろうが、これがなかなか......

本を読むことは経験のショートカット 

「その人を本当に理解したいなら、本棚を見ろ」、そんなことを日本の偉い経営者が言った、かどうかは知りませんが、私はそう思う。その人の本棚を見ると、その人の人生までわかるようだ......