江戸前のハゼを釣って食べる

人は誰しも江戸前という言葉に憧れる生き物です。江戸前天ぷら、江戸前寿司など名前の前に「江戸前」がつくとちょっと高級な感じがします。

そんな江戸前を自分も体感したいと、江戸前のハゼを釣って食べてみることにしました。

江戸前の魚
江戸前とは、三浦半島の剣崎と房総半島の洲崎を結んだ線より内側の、東京湾で取れた新鮮な魚介類のことをさします。これを使った寿司や天ぷらは江戸前寿司、江戸前天ぷらと呼ばれ、ある種のブランドとして認識されています。

江戸前寿司!

そんな美味しい響きの江戸前を私も体験したい! ということで、自分で釣って食べてみることにしました。本来なら湾内で採れたものだけなのでしょうが、私の中で、繋がっているから多摩川も江戸前ということにして、ハゼを釣ることにしました。

というわけで多摩川に来ました!

釣りを知らない釣り人
釣り記事を書いていますが、まったく釣りがわからないので詳しい方に聞いて、道具を準備しました。「一番釣れる」じゃなくて「今流行り」というキーワードで聞きました。私は完全に形から入るタイプです。

釣竿はいつものファミリーパックだけどね!

今、ハゼ釣り界ではやっている「ハゼクランク」をしてみることにしました。ハゼクランクはハゼクラとも言われ、最近ブームになっている釣り方です。ちょっと詳しくはわからないのですが、ハゼの縄張り意識を刺激して釣るそうです。

この赤い金魚ちゃんみたいなので釣ります

簡単に言うと初心者向けルアーという感じらしく、投げて、巻けば、釣れるそうで、その話を聞くと私でも釣れそうです。形から入って正解かもしれません。こうなれば1時間くらいでたくさん釣って早く食べに帰りたいと思います。暑いし。

さっそく釣っていきまーす

釣りは我慢
川を見ると、ハゼがうようよいるので、もう釣れそうです。というか釣れた気になってきました。

もう釣れそうだ

釣れないな…

釣り企画で釣れた試しがない私ですが、やはりというかさっぱり釣れません。魚達に連絡網が回っているのかな、というくらい魚が私の仕掛けを避けます。3時間粘っても状況は変わりません。

場所を変えても釣れない

釣りは忍耐
暑い中我慢し、ルアーを投げてはまき戻し、投げてはまき戻しをしていましたが、魚達がかかる様子はいっこうにありません。魚達も暑くてぐったりしているのかもしれません。そう信じたいのです。

なんか水も出てきて、全部魚逃げた!

突如水が噴き出してきて、魚がどんどん逃げてしまいました。もうこれ、釣れないでしょとあきらめた瞬間にきました。釣りは忍耐です。

はい、ようやくきました

ようやく釣れました。さっそくビニールに入れて、氷の入っているクーラーボックスに入れます。この後2匹釣れたのでそれも入れて、すぐに大学に調理のため帰りました。とにかく暑くて川から逃げたかったのもあります。

急いで帰ろう

ハゼを捌く
ただでさえ料理できない私ですが、小さいハゼを捌きます。もしかしたら、捌き終わった後はハゼの姿はなくなっているかもしれません。そもそもどうやって料理すればいいのか分からないので自己流です。

ボウルに入れて洗おうとしたら生き返りました

マハゼと

チチブ

料理の前にじっくり観察しました、吸盤があった

まずぬめりを取るために塩で軽く洗います。ぬめりを取ることで調理しやすくなります。調理しやすい下処理というのが、料理下手には大切な準備なのです。

塩でぬめりをとります

小さくて捌きにくいのですが、身が柔らかく包丁は入りやすいので、ごりごりと捌いていきます。こんなに魚を見つめたことはないぞというくらい見つめることになります。恋が始まりそうです。

結構鱗があります。ここまでは順調

ここから手が震えます

どうにかこうにか開くことができました。あとで調べたところ丸のまま揚げられるそうです。私のこの30分はなんだったのでしょうか。

なんとかできた!

江戸前からあげ完成!
多摩川の臭みが気になって、自然とからあげ粉を買っていました。今思うとまったく江戸前感がなくなっています。江戸っ子も食べていれば、からあげ大好きだと思うので、江戸前からあげとしたいと思います。

臭み消しにミルクにつけちゃってるし!

さばいた魚にからあげ粉をつけ、なじませてから油で揚げます。いつ揚がるのかがわからないのですが、きつね色になったらいいということにしました。できれば料理できない人のために色見本みたいなものをキッチンに置いておいて欲しいです。

粉をつけて

きつね色になるまで揚げます

なんとか完成しました。江戸前のハゼで作ったからあげです。カリッと揚がっていて、色と匂いは完璧です。全然釣れないし、包丁怖くて2つしかありませんが、美味しそうです。

できました!もう一匹は多摩川に返しました

美味しい江戸前
食べてみるとサクッと軽やかな衣の中にふんわり柔らかい白身の食感があり、美味しいです。臭みもなく食べやすいです。骨があってもまったく気になりません。

美味しい!

あまり美味しくないと聞いていたチチブもしっかりおいしいです。江戸っ子たちにも、からあげという料理を教えてあげたいです。東京湾と多摩川が育んでくれたおいしい江戸前食材でした。

皆さんも江戸前をたべましょう

美味しそう!

に見えるようにドライアイスを吹きました!

この曲でお別れです

『ピッタンコらぶ』
詩、曲 おかミルク六郷土手
編曲 山田哲郎

ぴったりくっつく魔法の言葉
君に届けたい
ぴったりくっつく魔法の言葉
君にだけ教えてあげる

どこにいても、なにしてても、
友達といても
君がどこにいるか探して
キョロキョロしちゃう
ソワソワしちゃう
ドギマギしちゃう

濁った川の中、砂の中でも
どこにいたって
必ず見つけてあげる
どんな時でも一緒だよ

ぴったりくっつく魔法の言葉
君にだけ教えてあげる
ぴったりくっつく魔法の言葉
君にだけ届けるの

不意に見せるその笑顔に弱い
私まだ修行が足りないみたい
ハートの真ん中吸盤みたいに、キュッと掴まれて
いつまでもぴたっんとくっついて離さない

ぴったりくっつく魔法の言葉
君にだけ届けるの
ぴったりくっつく魔法の言葉
君にだけ教えてあげる

かわいいハゼ達!多摩川の恵み!

The following two tabs change content below.
矢野加奈子

矢野加奈子

多摩川源流大学担当のスタッフです。美味しいものと楽しいこととズゴックが大好きな平均的な人間です。 源流大学で「ちゃの」と言えば私のことです。名字の「やの」とは関係ないけど。

シャンプーの木で髪をシャンプーする

普段、髪を洗う時は、シャッンプーで洗う。そのあとにコンディショナーなどを使うことになると思う。ドラッグストアやスーパーに行けば、悩むほどのシャンプーが売られているのだ。 ......

大好きな野菜だけを食べて5日間過ごしてみる

誰も考えたことすらないだろう。食卓から肉・魚、卵を含む動物性のものだけならともかく、穀物までも切り捨てた光景を・・・人は色々な物を食べる。バランスの良い食事が私達を作り、日......

本当のモス(苔)バーガーを作る

誰もが知る「モスバーガー」。野菜を多く使ったハンバーガーが特長だ。とても美味しく自分でもモスバーガーを作れればと思う。 とりあえず、「モス」を英語で調べてみると「苔」であるこ......