多摩川の花を砂糖漬けにしてケーキを作る

人は誰しも、美しくおいしいケーキが大好きです。ケーキの丸の中には幸せがぎゅっと詰まっているのです。

そんな幸せいっぱいのケーキを作りたいたいと思います。ケーキが作れる乙女になりたいのです。しかも、さらに乙女度をあげるために花いっぱいのケーキを作りたいと思います、多摩川で。

ケーキを作れる女
ケーキは、見る者を幸せに、食べた人を幸福にしてくれる魔法の食べ物です。みんなが大好きなケーキを作れる女になれれば、みんなにケーキを作ってあげることも出来るし、人気者になれるのです。ケーキを中心に人々がアリのように私に群がってくるでしょう。

ケーキは魔法の食べ物

しかし、私は残念なことに料理が作れないのです。以前おでダシに具を入れるだけのおでんで失敗したことがあり、分量や行程の多いお菓子づくりは夢のまた夢です。

私が作れる唯一のおやつ「冷凍バナナ」

そこで、デコレーションだけでも自分でかわいく作って、「ケーキ作ったぞ」と自慢したいと思います。オリジナリティを出すために、野に咲く花のようなケーキを目指します。

そこで多摩川に来ました!

多摩川で材料集め
野に咲く花のようなケーキを作るために、野に咲く花を求めて多摩川にやってきました。クリームや飴細工で花などを作るのは難しいので、実際に野にある花を摘んでケーキに飾りたいと思います。

多摩川は花だらけ!

多摩川はちょうど春を迎え、様々な花が満開です。できるだけ、人が通らない場所に咲く食べられそうな花を選びます。お花を摘む行為もかわいく感じます。隠語で花を摘むってトイレに行くことですが、今日は本当にお花を摘むのです。

花を摘む行為も乙女チック

外来種のナヨクサフジ(マメ科ソラマメ属)や

帰化植物のユウゲショウ(アカバナ科マツヨイグサ属)

多摩川を歩いていると、たいてい目立つ花は外来の植物です。植物達の美しくも激しい生き残りバトルを感じます。食べられるかどうか調べながら慎重に摘んでいきます。毒素を持った花もあるので必ず調べてから採取するようにしましょう。

春の花、菜の花(アブラナ科アブラナ属)

黄色がかわいいカタバミ(カタバミ科カタバミ属)

ガーデニング品種としてもおなじみヒルザキツキミソウ(アカバナ科マツヨイグサ属)

シロツメクサ(マメ科シャジクソウ属)をゲットしました

たくさん採れました!

多摩川の花いっぱいケーキ
せっかく天気もいいので、多摩川の近くの公園で早速ケーキを作っていきたいと思います。イギリスの貴族もやたらとピクニックに行きます。それと同じと考えて下さい。室内の作業をあえて外でやることこそ乙女道なのです。

公園で作業します

まずは、丁寧に水で洗い、花だけを取り出します。何度も洗うことで花が多少減りますが、気にせず洗っていきます。落ちた花を求めて鳩達も集まってきて、ますます乙女チックです。

水を買えて何度も洗います

丁寧に花を分けて下さい

次に、花をそのままのせるのも芸がないので、もっとかわいくするために砂糖漬けを作ります。砂糖漬けとは花に卵の白身と砂糖をつけたお菓子のことです。
キラキラに輝きだします。

白身につけて

砂糖に漬けて

冷やします

土台の準備
花の準備ができたので、土台のデコレーションをしましょう。こちらもかわいく、野の花の土台にふさわしいデコレーションを目指します。

まず買ってきたスポンジを器に入れて

買ってきたクリームを塗ります

そしてオレオのクッキーだけをつぶして

まぶします!

オレオって土っぽいよなと常日頃から思っていたので、よかれと思って撒いてみたのですが、もう土にしか見えません。他の方はうまくアレンジに使っていたのですが、センスがないのか、どんどん土臭くなってきます。

どんどん土臭くなってきた

さらに悲劇が

しかも、よかれと思って、緑を足そうとミルメークのメロンをかけたらもっとひどいことになりました。花畑というより苔の生えた校庭の隅みたいなものが再現されてきました。どんどん理想とする素敵なケーキから遠のいています。でも花をのせれば挽回できるはずなのです。頼んだぞ、花達よ。

どうみても苔むした公園の隅の所

花達よ!頼む!

花達を配置していきます

できました!

一ついい訳をすると、この日は、5月初旬にしては猛暑日で、砂糖漬けがべたべたとけてしまい、どうみても花の墓場みたいな物が完成してしまいました。あと外で作ったのも敗因です。外で作業なんかするもんじゃないですね。よく言えばワイルドフラワーという所でしょうか、ワイルド要素やや多めですが。

見にきた鳩も、逃げていった

ワイルドすぎるケーキを食べる
せっかく出来上がったので食べてみたいと思います。アリのように人々が群がるかと思っていたのですが、これを見せることは自分の心の闇を見せるような物だと思い、河川敷に行き、そっとひとりで食べることにしました。

いただきまーす

味はおいしい!

見た目はまだまだですが、春のうららかな日に外でお花のケーキを食べると言う乙女チックな夢は叶いました。もう少し腕を上げてから乙女チックなケーキづくりに再チャレンジしたいと思います。

見た目はあれですが、味はおいしかったです

夢中になりすぎて川に落ちそうになりました

The following two tabs change content below.
矢野加奈子

矢野加奈子

多摩川源流大学担当のスタッフです。美味しいものと楽しいこととズゴックが大好きな平均的な人間です。 源流大学で「ちゃの」と言えば私のことです。名字の「やの」とは関係ないけど。

このWebサイトの歩き方

新年度がはじまり、農大にもたくさんの新入生がはいってきてくれました。 ようこそ農大へ!そこで、もっと多くの方にこの源流大学のWebサイトを見ていただこうと、今回はこのサイ......

スミレをたくさん見ることの出来る村に行く

皆さんスミレと言う花が大好きですよね。私もスミレが大好きです。前の記事では野鳥が好きで、野鳥について書きましたが、その次にスミレが好きです。もしスミレが季節に関係なく咲いて......

日本一大きな湖「琵琶湖」の外来魚「ブラックバス」を食・・・

人は誰しも、誰かのヒーローになりたいと思っています。誰かの役に立ったり、守ったりして感謝されたい生き物なのです。それは一方から見ると、自己満足の世界かもしれませんが、誰......