チキンラーメンを福岡のご当地ラーメンにする

日本人の新三代国民食といえば、「ラーメン」、「袋ラーメン」「カップラーメン」ではないでしょうか。今違和感を持った方がいるかもしれませんが、細かいことには目をつぶってください。

そんなラーメンを各地域に行って食べるのも旅行の楽しみの一つですが、いつも食べているカップラーメンに、その土地のお土産品をちょい足ししてオリジナルのラーメンを作ってみたいと思います。新たな郷土ラーメンが誕生するかもしれません。

日本の国民食「ラーメン」
福岡の長浜ラーメンや富山のブラックラーメン、北海道の札幌ラーメンなど、その地域で食べられているメジャーなラーメンは、現在ではその地域を代表する郷土食の地位を獲得しているといっても過言ではありません。

日本を代表する国民食「ラーメン」

そこでチキンラーメンです

そこで、自分でその土地の特産品から好きなものを選び、いつも食べている、みんな大好きチキンラーメンにトッピングし、オリジナルのご当地ラーメンを生み出したいと思います。

ということで、福岡にやってきました!

福岡でオリジナル郷土チキンラーメンを作る
日本の有名なラーメン王国のひとつに「福岡県」があります。学問の神様で有名な『太宰府天満宮』や『博多の屋台街』など、観光名所もたくさんです。あの、とんこつラーメンの発祥も福岡なんですよ。

太宰府天満宮や

博多の屋台街など魅力がいっぱい!(提供:福岡市)

そんな福岡で私だけのオリジナルのご当地ラーメンを作ります。先に書いたようにチキンラーメンに福岡ならではの名産品をのせて、作るのです。料理の腕なくても完璧なオリジナルのご当地ラーメンができるはずです。

福岡の名産品を買います!

おいしい福岡食材
福岡と言ったらまずは『明太子』です。このピリ辛でプチプチの食感が、チキンラーメンの新たな扉を開くはずです。

福岡の紅いキャビア

次に、博多のソウルフードとも呼ばれている『おきゅうと』です。海藻のエゴノリやテングサで作られる海藻加工食品です。チキンラーメンに海の香を運んできてくれます。

博多の海の香、おきゅうと

そして、とんこつラーメンには必須の『辛子高菜』も買いました。チキンラーメンとどんなハーモニーを聞かせてくれるのか楽しみです。

ごはんにもラーメンにもあう、オールラウンダー

美味しいものを沢山買って、ホクホクです。できるなら白米で食べたいという衝動に駆られます。私の中の日本人のDNAが目覚める街。それが福岡なのです。

こんなに買いました!

作ります
どこでも食べられるのが、カップ麺のいいところです。早速ホテルに帰って、作ってみたいと思います。

早速作っていきたいと思います

チキンラーメンをあけたら、まずはお湯入れる前に具材を入れます、今考えるとあとのせでもいい気がしますが、この時は先に入れることに迷いはありませんでした。

ということで、まずはおきゅうとをいれて、

次々と具材を入れていきます

辛子明太子も大胆にイン!

最後にお湯を入れようと思ったのですが、そこは、ご当地にこだわりたいなということで、福岡名産の『八女茶』を入れることにしました。お茶でカップラーメンを作ったことがなかったので、少し心配です。

お湯の代わりに八女茶

しかも急須がないから、茶葉を防ぐのが大変

そのまま3分待ちます。色々と入れたので、どのようなハーモニーを生み出すのか心配しかありません。スターが多すぎて、まとめるのが大変そうです。お茶がうまくまとめてくれることを期待します。

しばし待ちます

福岡ご当地チキンラーメンを実食
10分ほどでできたご当地ラーメンを、早速食べてみようと思います。蓋を開けると、そこはまさに福岡です。福岡県の形や、微笑んでいる菅原道真が見えた気がします。

できました!

なにこれ、おいしい!

お茶が大正解で、バラバラに騒いでいるスター達を、ある程度はぴしっとまとめてくれています。明太子のプチプチとおきゅうとのつるつるとした食感が交互に襲ってきます。

いつも、カップラーメン界の良心と呼ばれるほどやさしい味なのですが、明太子と辛子高菜のピリ辛さが普段は見せない一面を教えてくれます。うまい。

スター達が自分を主張しすぎている気もするがうまい

みんなも作ろう!ご当地チキンラーメン
欲張りすぎて入れすぎたのか、味が濃い、という問題はありましたが、食材を選んでいる時や、作っている時はめちゃくちゃ楽しいです。これからも色々な地域で作ってみようと思いました。

作っているとき一抹の寂しさがよぎる

The following two tabs change content below.
矢野加奈子

矢野加奈子

多摩川源流大学担当のスタッフです。美味しいものと楽しいこととズゴックが大好きな平均的な人間です。 源流大学で「ちゃの」と言えば私のことです。名字の「やの」とは関係ないけど。

もうカニは高級品じゃない? 全てを「カニ味」にする魔・・・

カニという生き物がいる。高級食材と言ってもいいのではないだろうか。カニ料理のお店でコースを頼むと1万円を軽く超えてくる。通販でもカニは売っていて、大人気だ。みんなカニが大好......

カロリーメイトのプレーン味をチョコ味にする

明日はいよいよバレンタイン。ここ数週間、スーパーやデパートでは大好きな人に送るためのチョコレートを準備している人々の姿であふれかえり、デパートの地下どころか全体が揺れている......

漫画家「藤田和日郎」先生の感動した景色を見に行く

景色というものがある。いつも目にしている景色もあれば、思い出に残る景色も存在する。ある人から見れば日常の景色でも、別の人が見れば感動する景色ということもあるだろう。景色とは......