キラキラ女子になるために丼を食べる

top

この世の中には2種類の女性がいます。キラキラの女子と、そうでもない女子です。キラキラ女子というのはメイクもおしゃれもバッチリで、常にいい匂いがする女性のことです。私もキラキラ女子になるべく、キラキラした丼を宮城県に食べに行きました。

キラキラ女子とは
最近メイクもおしゃれもバッチリで、笑顔と自信を備えた、素敵な女性になるために努力している女性のことを「キラキラ女子」と呼ぶそうです。街中を見渡すと私以外のたいていの人がキラキラ女子な気がします。

私、普段こんなだもの

私、普段こんなだもの

私もそんなキラキラ女子に仲間入りしたいのです。クリスマスツリーだってキラキラしていないと、ただの木だし、ミラーボールも光を全然跳ね返さないただのくす玉です。

キラキラ女子に憧れます

キラキラ女子に憧れます

「キラキラ」というキーワードでネット検索していたところ、宮城県にたくさんのキラキラがあるらしいのです。きっとキラキラ女子になれる秘密が宮城県にあるに違いありません。

そんなわけで宮城県・南三陸町に向かいます

そんなわけで宮城県・南三陸町に向かいます

キラキラ丼
南三陸に向かい早速、キラキラという文字を探すと、みんな「丼」がついています。キラキラとあまり合わない言葉のように感じます。でも美女と野獣的なことかもしれません。美女を引き立てるためのギャップが丼には含まれているはずです。なんならご飯がコラーゲンボールでできている可能性もあります。

南三陸さんさん商店街に来ました!

南三陸さんさん商店街に来ました!

とりあえず観光案内所でキラキラ女子になるための情報を集めようと「南三陸さんさん商店街」にやってきました。私の少ないキラキラ女子情報では、キラキラとはコラーゲンといっても過言ではないのです。コラーゲン入り丼があるに違いありません。

全然違うね、これだった!

全然違うね、これだった!

キラキラ!

キラキラ!

違いました。キラキラ丼は南三陸の海の幸をぎゅっと詰め込んだB級ならぬA級グルメということで、町内の様々なお店で食べられます。南三陸さんさん商店街でも5店舗で食べることができます。写真を見ただけでもキラキラに輝いており、私もこうなりたいと素直に思いました。相手は丼だけど。

なにこの幸せ

なにこの幸せ

うますぎる幸せ
キラキラ丼は四季によって4パターンあるそうなのですが、私が行った5月はキラキラウニ丼の時期でした。ウニというだけで、キラキラです。ここがウニの天国です。私もトゲトゲの殻を外して、キラキラなウニを見習いたいのです。

そこで、「松原」さんと

そこで、「松原」さんと

「豊楽食堂」さんと

「豊楽食堂」さんと

「弁慶鮨」さん

「弁慶鮨」さん

三店舗のキラキラ丼をいただきます!

三店舗のキラキラ丼をいただきます!

黄金色が鮮やかなウニの甘みが口いっぱいに広がり、宮城県産ひとめぼれのうまさも完璧です。口に運ぶと潮の匂いが広がり、まさにキラキラ女子と同じキラキラ度です。書くまでもないと思いますが、めちゃくちゃ美味しいのです。

自然と溢れる笑み

自然と溢れる笑み

これ、絶対美味しいやつだ!という自信

これ、絶対美味しいやつだ!という自信

素敵すぎるキラキラ丼

素敵すぎるキラキラ丼

どの店舗も少しずつ味が工夫してあるので、食べ比べてみるといいかもしれません。小鉢もそれぞれ違い、丼に焼きそばという、うれしいダブルポイントみたいな店もあります。かなりの量のウニを食べることになりますが、今日だけはプリン体のことは忘れたいのです。

美味しい、幸せ。

美味しい、幸せ。

キラキラ女子への道のり
3杯食べた時点であまりの美味しさに「これもう2店も制覇できるのでは」と、変なやる気がみなぎっておりました。どう考えてもキラキラ女子の発想ではありません。フードファイターです。

というわけで、おかわりしよう

というわけで、おかわりしよう

おかわりに、このキラキラ丼元祖のお店という「志のや」さんのキラキラ丼を食べます。運ばれてきた丼を見ると生まれてきてくれて、産んでくれてありがとう。そんな気持ちになります。

キラキラ丼発祥の店!

キラキラ丼発祥の店!

おいしいは正義!

おいしいは正義!

志のやさんのウニ丼は、ウニ本来の味を楽しむため塩で食べます。塩がウニの甘みをさらに引き上げ、ウニの味を濃く感じることができます。ウニと塩って前世で赤い糸で結ばれていたのかな。

塩でいただきます!

塩でいただきます!

うっま!

うっま!

突然やってくる現実
ずらりと並んだ丼を見て、ふと我にかえりました。どうみてもキラキラ女子じゃないぞと。最近の相撲部でもこんなに食べないかもしれません。このままでは、ぶくぶく女子になってしまいます。残りはまた次に来た時の楽しみにとっておきます。

これ絶対キラキラ女子から離れている

これ絶対キラキラ女子から離れている

私は結局キラキラ丼を食べ過ぎて、この後3kgほど太りました、どうみてもミラーボールになれないくす玉のようですが、悔いはありません。まだまだキラキラ女子への道は遠いようです。

もう一軒行きたかった!

もう一軒行きたかった!

森は海の恋人 (文春文庫)
畠山 重篤
文藝春秋
売り上げランキング: 72,936
The following two tabs change content below.
矢野加奈子

矢野加奈子

多摩川源流大学担当のスタッフです。美味しいものと楽しいこととズゴックが大好きな平均的な人間です。 源流大学で「ちゃの」と言えば私のことです。名字の「やの」とは関係ないけど。

000

電気柵を勇気を出して触ってみる

電気柵というものがある。動物から作物を守るために畑の周りにはられた、電気の流れる柵のことだ。電気柵だからと言って、青い光がスパークしているわけではない。触ると電気が流れる仕......
001

ラッキーバッグに並んでいる人がいないか見に行く

お正月の風物詩「福袋」。中でも例年人気を集めているのが、Appleの福袋「ラッキーバッグ」である。毎年1月2日に発売されるのだけれど、大晦日から行列ができるほどの人気だ。 ......
000

どんな写真でも心霊写真にする方法

人は怖いものが嫌いだ。しかし「怖いものを見たい」という心理も持ち合わせている。お化け屋敷などはその最たる例だろう。心霊写真もそうだ。霊が写っていると怖いはずがなぜか盛り上が......