余り物には福がある講座を開催します

さるぱコース1

みなさんは「余り物には福がある」ということわざはご存知でしょう。人が残したものの中に思いがけず良いものがある、という意味です。源流大学では余り物に福がある事を実感できる講座を開催します。

余り物がちな食材
皆さんの家にも必ず一つくらいあまりがちな食材というのがあると思います。外国のお土産や、なかなか食べない高級食材は、食べ方がわからなかったり、もったいない気持ちが勝りすぎて余りがちになります。

どうやって食べるのかわかりにくい食材ってあります

どうやって食べるのかわかりにくい食材ってあります

また、量が多く一気にこんなに使えるか迷っているうちに冷蔵庫や食物庫の奥底にしまわれてしまったものもあると思います。

一人で食べきれる自信が無い・・・

一人で食べきれる自信が無い・・・

そこでサルベージ・パーティです
そんな皆さんのためのイベントが「サルベージ・パーティ」です。みんなで余りがちな食材を持ち寄って、シェフにその調理方法のアイディアをききながら食材の活用方法を学ぶ事ができるパーティです。

みんなでも持ち寄った食材がシェフの手によって生まれ変わります

みんなでも持ち寄った食材がシェフの手によって生まれ変わります

料理が好きな方はレパートリーが広がりますし、私のように料理が苦手な人達は自分が持ち寄った食材を美味しく食べるだけでも大丈夫です。余りがちな食材に様々な関わり方ができるのもうれしいポイントです。

美味しいものを食べて幸せな気持ちになるだけでもOK

美味しいものを食べて幸せな気持ちになるだけでもOK

源流大学特別バージョン
源流大学が行うサルベージ・パーティでは、源流大学が関わっている様々な地域の食の知恵も皆様と一緒に学ぶ時間をご用意しました。当たり前だけど忘れがちな事だったり、新しい発見があったりと地域が受け継いできた食文化にも触れるチャンスです。

地域の伝統的な食文化を学ぶ

地域の伝統的な食文化を学ぶ

皆様ぜひご参加いただき、美味しいもの食べましょう。今回は東京農業大学世田谷キャンパス隣の食と農の博物館での開催ですので、参加しやすいですよ!
参加方法は以下の東京農業大学エクステンションセンターのサイトに従って、お申し込み下さい。お待ちしております。

エクステンションセンターサイト

The following two tabs change content below.
スタッフ

スタッフ

このサイトを運営する多摩川源流大学のスタッフです。源流大学や小菅村、農大でのイベント情報などを紹介します。

本当のモス(苔)バーガーを作る

誰もが知る「モスバーガー」。野菜を多く使ったハンバーガーが特長だ。とても美味しく自分でもモスバーガーを作れればと思う。 とりあえず、「モス」を英語で調べてみると「苔」であるこ......

漫画家「藤田和日郎」先生の感動した景色を見に行く

景色というものがある。いつも目にしている景色もあれば、思い出に残る景色も存在する。ある人から見れば日常の景色でも、別の人が見れば感動する景色ということもあるだろう。景色とは......

アマゾン川源流大学を設立! 先住民と共同でプログラム・・・

多摩川源流大学は2018年4月1日にアマゾン川の源流域の町「イキトス」から小舟で2時間下った村のような場所に住む人々と、教育プログラムを共同で開発する「アマゾン川源流大学」......