シャンプーの木で髪をシャンプーする

009

普段、髪を洗う時は、シャッンプーで洗う。そのあとにコンディショナーなどを使うことになると思う。ドラッグストアやスーパーに行けば、悩むほどのシャンプーが売られているのだ。

マダガスカルにはシャンプーの木と言われているものがある。「ウンカリーナ」という植物で、その葉っぱを水につけると、トロトロの液体になり、それがシャンプーとなるのだ。ぜひ洗ってみようと思う。

シャンプーは「いち髪」派
シャンプーにこだわりを持つ人は多いのではないだろうか。男性と比べると髪が長い、女性は特にだと思う。テレビCMを見ていても、シャンプーのCMにはよく女性が登場している。

私は「いち髪」を使っています

私は「いち髪」を使っています

私もまた同じだ。シャンプーには強いこだわりを持っている。「いち髪」を使っているのだ。初めていち髪に出会った日、それは衝撃だった。自分から「女の匂い」がするのだ。悶々とした夜を過ごしたのを覚えている。

私からはいい匂いがします!

私からはいい匂いがします!

そんなわけでシャンプーは買うものだと長く思ってきた。いち髪に出会う前も、シャンプーは必ず買ったものを使っていた。その辺に生えているもので髪を洗ったことなどないのだ。しかし、世界は広い。買わないシャンプーもあるのだ。

これがそうです!

これがそうです!

シャンプーの木
アフリカのインド洋に浮かぶマダガスカル島には、「シャンプーの木」と呼ばれるものが存在する。「ウンカリーナ」という植物で、日本でも買おうと思えば、買うことができる。秋には黄色い花が咲くそうだ。

これがウンカリーナの葉っぱ

これがウンカリーナの葉っぱ

この「ウンカリーナ」の葉っぱを水に数分つけておくと、水がドロドロとしてくる。現地の人はこの水でシャンプーをするそうだ。いち髪でもなく、ラックス スーパーリッチシャイン シャンプーでもなく、ウンカリーナなのだ。

水に入れたウンカリーナの葉っぱを取り出すと、

水に入れたウンカリーナの葉っぱを取り出すと、

トロトロ!

トロトロ!

髪を洗う
この葉っぱをもらうことができたので、家で実際に髪を洗ってみようと思う。いち髪を使って数年、髪グルメの私を満足させることのできる、シャンプー具合なのだろうか。私は髪グルメなのだ。シャンプーにはうるさいのだ。

もらってきたウンカリーナの葉っぱを、

もらってきたウンカリーナの葉っぱを、

水につけてトロトロに!

水につけてトロトロに!

トロトロだよ!

トロトロだよ!

水がトロトロになるまでには数分かかる。その数分が待てずに服を脱いでしまった。その甲斐あって、水はトロトロになった。脱いだことを正当化するために「その甲斐あって」と書いたが、脱がなくても水はトロトロになる。脱ぎたかったのだ。

少し黄色い!

少し黄色い!

水はトロトロになるだけではなく、若干黄色くなっていた。シャンプーらしさがでてきたのではないだろうか。多くのシャンプーは色が付いていて、トロトロしている。共通点が多いのだ。

早速洗ってみます!

早速洗ってみます!

なんかいい

なんかいい

この日は朝から埃っぽいところにいて、髪がゴワゴワしていたのだけれど、このシャンプーのおかげだろう。驚くほどに指通りが良くなる。シャンプーというより、油に近い感じだ。

いいね!

いいね!

「イエス、イエス」と自然と口から出てしまった。一般的なシャンプーと違い泡立ちこそないが、髪を洗っている感じは十分にする。シャンプーとコンディショナーを一緒にやっている感じだ。これ、なかなかいいのではないだろうか。

洗い流してサッパリしました!

洗い流してサッパリしました!

ウンカリーナで洗おう
シャンプーの木があるのは知っていたけれど、実際にどうなるかは知らなかった。洗ってみると、一般的なシャンプーのようにいい匂いがする、みたいなことはなかったけれど、髪はサラサラになった。世界で一番現実的なシャンプーなのではないだろうか。悪くない。本当にサラサラになるのだ。

無駄にサラサラになりました!

無駄にサラサラになりました!

取材協力:一般財団法人 進化生物学研究所 → Webサイトはこちら!

The following two tabs change content below.
地主恵亮

地主恵亮

1985年福岡生まれ。地味なファッションと言われることが多いので、派手なメガネを買おうと思っています。東京農業大学非常勤講師ですが、たいだい家にいます。ご連絡は「jinushikeisuke@gmail.com」までお願いします。

10635940_688547721215484_1716413828428504015_n

農大生が本気で「流しそうめん」を作る

流しそうめん。それはそのままでも食べられるそうめんを水の流れる半円形の筒に流し、それを箸でキャッチして食べるという狂気にでも触れたかのような行為である。 では何故、人......
まあ一番は塩焼きだけどね!

日本一美味しいヤマメが食べられる村

皆さんヤマメという魚を食べたことはありますか?川魚で鮎を食べたことがある方は多くても、ヤマメを食べたことがある方は少ないのではないでしょうか。まだ食べたことがない方のために......
top

本は元気のカンフル剤であり、成長の肥料である。

「若い時に読んだ多くの書物の上に、今のあなたの地位は座っていると思え」中国の皇帝がそう言ったかは知りませんが、私はそう思う。最近、若者は書籍を読まないと言われているが、果た......