すべてがお米のランチをつくる

DSC08275

コーヒーにも男子にもサードウェーブの波が訪れている昨今、お米にもサードウェーブが来ているようです。私はどの波にも乗り遅れていますので、お米だけは乗り遅れまいと、お米のサードウェーブを提唱する『表参道ごはんフェス』というイベントに参加してきました。私にもお米のサードウェーブがやってきました。

お米のサードウェーブ

源流大学で、商品開発やブランディングなどの授業を担当していただいている、平井 巧先生と長田敏希先生が仕掛ける食のイベント。それが『表参道ごはんフェス』です。昔、隠田と呼ばれる田畑が広がっていた、カルチャー発信地の表参道を舞台にお米の季節に開催されています。

これがお米フェスです

これがお米フェスです

当日は、お米に関するトークショーやワークショップ、物販等があり、多くのお客さんでにぎわっていました。みんな私のように、サードウェーブに乗り遅れまいと必死なのかもしれません。

多くのお客さんでにぎわっていました

多くのお客さんでにぎわっていました

マレーシアのごはんを食べる

食いしん坊な私はマレーシアのご飯が食べられる、バイキングに参加しました。同じアジアにありながら、なかなか未知の国マレーシア。どんなお料理が食べられるのか楽しみです。

やってきました!

やってきました!

会場にはかわいい米粒ガールの写真が

会場にはかわいい米粒ガールの写真が

これに参加します!

これに参加します!

会場内にはマレーシアの説明やパンフレットがあり、ご飯が出てくる前にマレーシアの文化や食生活について学ぶことが出来ました。頭を使うとすぐにお腹が減るのは遺伝でしょうか。早く食べたくてしょうがありません。

これがマレーシアか

これがマレーシアか

何が出るか考えるだけで笑みが

何が出るか考えるだけで笑みが

ごはんまだですかー?

ごはんまだですかー?

会場の説明や本日の主旨が説明されている間も、エスニックなにおいに、私のお腹は「虫何匹飼ってるの?」というくらい鳴っていました。
いよいよ「待て!」が解除されて、早速並びます。

おいしそう!

おいしそう!

私の順番まだかなー

私の順番まだかなー

きたー!

きたー!

お米がマレーシアなどで食べられている、ジャスミン米というタイ米で、いいにおいが部屋中に広がっています。ご飯だけでなく、そのご飯に合うスパイシーなおかずもたくさんです。見ているだけでよだれが滝のようにでます。

いただきまーす

いただきまーす

うまーい!

うまーい!

辛ーい

辛ーい

暑い地域のごはんなので、香辛料やトウガラシたっぷりで少し辛いです。でもその辛さが食欲を誘ってごはん何杯でもいけそうです。ごはんに無限の宇宙を感じた瞬間です。これが世に言う、ごはんビックバンです。

もっとおこめフェスにする

ごはんに無限の宇宙を見た私は、もっとごはんを感じるフェスが出来ないかと考え、『一人ごはんフェス』を勝手に開催することにしました。

炊飯ジャーには宇宙が広がっていたんですね

炊飯ジャーには宇宙が広がっていたんですね

ごはんフェス定食を作る

もっとごはんを感じるフェスにするために、ごはんでごはんのおかずを作ることにしました。ごはんでごはんを食べるのです。つまり、すべてごはんのごはんフェスです。ごはんが重なりすぎて私の中で、ゲシュタルト崩壊をおこした瞬間です。

材料はこちらです

材料はこちらです

本当はごはんと調味料だけ!ということにしたかったのですが、白米だけだと芸がないし、料理となると私の料理女子としての力のなさが如実に出てしまいます。そこで、運営である私と相談し、野菜はオーケーになりました。私一人のフェスなので、運営がオーケーを出せばオーケーなのです。ヘビメタのフェスにアイドルが出る時代がきたのですから、これくらいのサプライズゲストは許されるはずです。ただし、オーディエンスに正直に生きるために、白い野菜限定ということにしました。

タマネギを炒めて

タマネギを炒めて

ごはんとまぜて

ごはんとまぜて

丸めて

丸めて

焼くと、「飯バーグ」!

焼くと、「飯バーグ」!

でもよく見るとお米!

でもよく見るとお米!

これでメインディシュが完成です。ごはんに合うように照り焼きソースにして、和風に仕上げました。
大根おろしも白いのでセーフです!次はごはんにあう副菜です。

表参道でもでてきたジャスミン米

表参道でもでてきたジャスミン米

サラダにしました

サラダにしました

スープも作りました

スープも作りました

これにごはんをつければ

これにごはんをつければ

ごはんフェス定食のできあがりです!

ごはんフェス定食のできあがりです!

作っている最中に、これ絶対お腹いっぱいになるな〜と思いながら作りました。使ったお米は全部で3合。食べきれるのかが心配です。副菜に見えて全て主食なのです。

副菜であって主菜・・・

副菜であって主菜・・・

いただきます

いただきます

あーん

あーん

うっまーい!

うっまーい!

味付けを和風にするなどお米にあわせたのがよかったのか、すごく美味しいです。ジャスミン米もお米なのに野菜のような存在感で、スープによくあいます。お米のダシがコンソメのダシとあっておいしいです。

やはりお米は偉大です。お米はおばんざいになりました!お米バンザイ!

でもやっぱりお茶碗のごはんは夜ごはんにまわった

でもやっぱりお茶碗のごはんは夜ごはんにまわった

The following two tabs change content below.
矢野加奈子

矢野加奈子

多摩川源流大学担当のスタッフです。美味しいものと楽しいこととズゴックが大好きな平均的な人間です。 源流大学で「ちゃの」と言えば私のことです。名字の「やの」とは関係ないけど。

鶴のくる駅で亀を食べてゲンを担ぐ

人は誰しも幸せになりたいと思っている。幸せにもいろいろあり、彼氏がほしい、お金持ちになりたい、健康でいたいなど人それぞれだ。一生懸命努力すればいいのだろうが、これがなかなか......

源流大学HPコラム地主賞の募集について

皆様、いつも源流大学のHPを見ていただいてありがとうございます。このHPは今年度からライターの地主恵亮さんを講師に向かえより多くの皆様に見ていただこうとリニューアルしました......

日本一美味しいヤマメが食べられる村

皆さんヤマメという魚を食べたことはありますか?川魚で鮎を食べたことがある方は多くても、ヤマメを食べたことがある方は少ないのではないでしょうか。まだ食べたことがない方のために......