ドーナッツホルダーを売りこみにいく

DSC02857

小菅村の間伐材を使ったドーナッツホルダーを作成したのですが(作成秘話はこちら)、せっかく作成したからには売ってみたいという事で、どこかで販売できないか売り先を探してみました。この商品が売れれば2015年は間違いなくドーナッツイヤーの再来です。

株式会社さとゆめさんからの依頼

2015年3月29日に私達がフィールドにしている山梨県小菅村に道の駅がオープンするのですが、そのプロデュースをしている株式会社さとゆめの方から「小菅村の道の駅オープンにちなんで、さとゆめの持つ永田町のショップで小菅村フェアをやるので宣伝していただけませんか?」との連絡が入りました。
そんな素敵なフェア、しかも永田町。これはもうドーナッツホルダーを売ってもらうしかありません。

こんなおしゃれなお店です!

こんなおしゃれなお店です!

プレゼンテーションに行こう

宣伝しても良いが、条件があるとだけ伝えてアポイントを取りドーナッツホルダーを売り込みに行くことにしました。何事もはじめが肝心です。ドーナッツホルダーはまだ誰も見た事のない新商品なので、使い方を説明するためにドーナッツを入れていく事にしました。
少しでもよく見えるように、東京駅にあるいつもよりオシャレなドーナッツ屋さんでドーナッツを仕入れます。
世界はドーナッツで丸く収まるのです。

こんなおしゃれなお店で買えるのか・・・

こんなおしゃれなお店で買えるのか・・・

おいしそうです

おいしそうです

快く協力してくれました!

快く協力してくれました!

せっかくなので歩いて宣伝する

せっかく東京の中心部を歩くので手にもって歩いてドーナッツホルダーをみんなに見てもらう事にします。永田町が最寄り駅なのですが、せっかくなので国会議事堂前で降りて国会の皆さんにもアピールする事にしました。

みんな見てみて〜

みんな見てみて〜

誰もいないな・・・

誰もいないな・・・

東京ってこんなに人少なかったっけ・・・

東京ってこんなに人少なかったっけ・・・

誰もいません

誰もいません

電車に乗りましょう

電車に乗りましょう

風で吹き飛びそうです

風で吹き飛びそうです

電車内では結構ちらちら視線を感じる

電車内では結構ちらちら視線を感じる

来ました!国会!

来ました!国会!

しかし、政治家の先生が外をうろうろ歩く事もなく、国会議事堂前は人通りが少なく穏やかな時間だけが流れていました。
皆さんお仕事ご苦労様です。

ドーナッツホルダーで日本をよくします!

ドーナッツホルダーで日本をよくします!

おまわりさんも興味津々です

おまわりさんも興味津々です

なんかドキドキする

なんかドキドキする

ここら辺で手が疲れてきました

ここら辺で手が疲れてきました

さとゆめLAB SHOPに到着

到着後ロビーで今回対応してくださるさとゆめのディレクター長谷川さんを待つ事になりました。受付嬢の視線がドーナッツホルダーに集まります。決して私達が怪しい者ではない事をこのドーナッツホルダーが証明してくれています。

つきました!

つきました!

受付嬢がめっちゃ見てます

受付嬢がめっちゃ見てます

早速店舗においてみよう!

長谷川さんは最初「自然すぎてドーナッツホルダーに気づいてないのかな?」というくらい華麗にスルーしていましたが、商品を説明すると「いいですね」と少しだけ笑ってお店に案内してくれました。まだ魅力が伝わっていないようなので、お店で実際にディスプレイしながら商品について説明します。
ドーナッツホルダーがあれば世界が輪を持って平和になるところは特に強くアピールしました。

売ってください

売ってください

ここいいですね!

ここいいですね!

こんな感じで!

こんな感じで!

・・・はい・・・

・・・はい・・・

店長に許可をもらう

ここで長谷川さんではなく店長の許可をもらわないと商品が置けない事がわかり、店長さんに会わせていただく事になりました。長谷川さんに力説したのは時間の無駄だったようです。最初から力のある店長さんに説明すべきでした。しかし長谷川さんにも十分ドーナッツホルダーの魅力が伝わったようです。ドーナッツは人を笑顔にする魔法の食べ物なのです。

早く言ってよ

早く言ってよ

お願いしまーす

お願いしまーす

さとゆめさんの応接室に場所を移しいよいよ店長の小松さんに許可をもらいます。最初は笑顔で聞いてくれていた小松店長も実際に売る話になると急に顔が険しくなります。ドーナッツさえあれば世界は丸く収まるのに。

これなんですけど

これなんですけど

どうしよう・・・

どうしよう・・・

うーん。却下で!

うーん。却下で!

最初はきっぱり断られてしまいました。まだ小松店長にはドーナッツが持つ魅力が伝わっていないようです。そこで、ドーナッツで買収する事にしました。ドーナッツが嫌いな人間はいないだろう、ましてや落とせない女子はいない。ドーナッツがあれば人は笑顔になれる、これは私の持論です。皆さんもぜひ試してみてください。これが世に言うドーナッツ現象です。ドーナッツの輪は広がります。

本気で悩んでいます。

本気で悩んでいます。

最初は本気で売るのを悩んでいましたが、小菅村のアピールになるならと小松店長も最終的には渋々承知してくれました。さとゆめのみなさんに感謝です。

Microsoft Word - 20150215.doc

早速売ってみます!

小菅村フェアは2月16日から27日ということで納品に行ってきました。棚に並ぶと感慨もひとしおです。取扱説明書も作りましたので、ドーナッツホルダーが欲しい方はお早めに!

フェアまっただ中!

フェアまっただ中!

はい!これ売ってます!

はい!これ売ってます!

小菅村の商品もたくさん売ってます!

小菅村の商品もたくさん売ってます!

販売情報:本当に売っています。ぜひ皆さん『さとゆめLAB SHOP』へお出かけください。もちろん小菅村の素敵な商品もたくさん来ています。

取材協力:株式会社さとゆめ→Webサイト
株式会社さとゆめLAB SHOP→Webサイト

The following two tabs change content below.
矢野加奈子

矢野加奈子

多摩川源流大学担当のスタッフです。美味しいものと楽しいこととズゴックが大好きな平均的な人間です。 源流大学で「ちゃの」と言えば私のことです。名字の「やの」とは関係ないけど。

鶴のくる駅で亀を食べてゲンを担ぐ

人は誰しも幸せになりたいと思っている。幸せにもいろいろあり、彼氏がほしい、お金持ちになりたい、健康でいたいなど人それぞれだ。一生懸命努力すればいいのだろうが、これがなかなか......

渋柿ロシアンルーレット

よくパーティーゲーム等で行われる「あたりの中に一つだけはずれがあり、それを誰が引き当てるか」という単純なゲームをロシアンルーレットと言います。 誰しも一度はやったことがあ......

動物の足跡を自分でつくって残す

誰しも自分が生きた証を残したいと思うものだと思います。しかし、なかなかうまくいかないのが人生です。私も33年間生きてきて、果たして何が残せただろうかと思うと、まだなにも残せ......