ミカンだけで一日分のカロリーを取る

001

好きな物だけでお腹いっぱいにする、というのは誰もが夢見ることではないだろうか。健康などは考えず、好きなものだけをひたすら食べるのだ。

そこで、ミカンだけで一日分のカロリーを取ろうと思う。私はミカンが好きなのだ。ミカンならいくらでも食べれるのだ。

ミカンが好き!
一日の摂取カロリーというものがある。性別や運動量で変わるが、平均すると概ね1800−2220kcalほどになる。このカロリーならば一日で取ってもいいのである。そこで、好きな物だけでこのカロリーを取ろうと思う。

ミカンです!

ミカンです!

ミカンのカロリーは大きさにもよるが「35kcal」くらいだ。2000kcalをミカンだけで摂るとすると、約「57個」ということになる。ミカン好きからすると、なんとなく少ない気がする。つまりそんなには食べられないのだ。

ということで、ミカンをとって、

ということで、ミカンをとって、

食べます!

食べます!

美味しい!(しゃくれる美味さ!)

美味しい!(しゃくれる美味さ!)

笑顔が止まらない
世の中にはいろいろな食べ物がある。その中でも美味しい食べ物がミカンなのだ。ミカンが嫌いな人はいないのだ。なぜなら美味しいから。ミカンは本当に美味しい。訪れた農園のミカンももちろん美味しい。

食べ放題なので、

食べ放題なので、

いくら食べてもいいのだ!

いくら食べてもいいのだ!

訪れた神奈川県伊勢原市にある「石井柑橘園」では、時間無制限でミカンが食べ放題だ。ミカン好きな私からすると、いいの? 本当にいいの? 食べ尽くしちゃうよ、と思ってしまう。一日のカロリーがミカンだと57個。あっという間だ。

石井柑橘園

石井柑橘園

甘さと程よい酸味を持ったミカン。口に入れ飲み込んだ瞬間にその味が五臓六腑に染み渡る。幸せの鐘がなる。祝福の鐘だ。ミカンが人を幸せにするのだろう。笑顔が止まらない。私の笑顔は止まらないのだ。

美味し過ぎる!(美味しすぎて、しゃくれる)

美味し過ぎる!(美味しすぎて、しゃくれる)

笑顔が止まる
知らなかったのだけれど、このようなミカンには本来は種がないそうだ。しかし、どういうわけか、私の食べるミカンには種が入っていた。運がいいのだろう。私はミカンに選ばれし者なのだ。

ミカンの種!

ミカンの種!

急に訪れるものがある。急な来客、急な発熱など、急にやってくるものは、基本的にいいものではない。そして、この日も急にやってきた。急な満腹。20個くらいまでは全然余裕で食べられると思ったのだけれど、21個くらいから急に満腹が来た。

笑顔が止まった

笑顔が止まった

歯が痛い
私はこの農園のミカンをイナゴが農作物を全てダメにするくらいの勢いで、食べ尽くすつもりで来たが、満腹だった。最低でも一日のカロリー分である57個は食べようと思った。しかし、である。満腹なのだ。

景色を見ている時間が長くなる

景色を見ている時間が長くなる

笑顔が止まらないと言っていた私の笑顔が止まった。躊躇なく止まった。ミカンは間違いなく美味しいのだ。でも、満腹なのだ。世の中、実に難しい。結局30個だった。一日の摂取カロリーのほぼ半分だ。

かわ!

かわ!

ちなみにではあるが、この後、私の小便のペースは早かった。新幹線より早い。ミカンはほぼ水分だ。さらにミカンの酸の影響だろう、次の日から1週間ほど、歯が痛かった。ミカンは計画的に食べるべきだ。

幸せではあります!

幸せではあります!

ミカンのイベントがあります!
ミカンジャムをひたすら作り続けるイベントだそうです。

笑う食堂vol.1『チャーノーとミカンジャム工場』
日時:2015年2月8日(日)13:00〜16:30
場所:渋谷のおうちカフェ

015

申し込みは下記のURLからです。
https://www.facebook.com/events/322735654593978/

よろしくお願いいたします。

The following two tabs change content below.
地主恵亮

地主恵亮

1985年福岡生まれ。地味なファッションと言われることが多いので、派手なメガネを買おうと思っています。東京農業大学非常勤講師ですが、たいだい家にいます。ご連絡は「jinushikeisuke@gmail.com」までお願いします。

秋・冬のイベント参加者募集

2016年度も後半戦です。多摩川源流大学では一般の方にも地域の魅力を知っていただくために、イベントを開催致します。どなたでも楽しく学べるものばかりですので、ぜひご参加下さい......

とてもあやふやな電車が近すぎる市場に行く

電車というものがある。移動には欠かせないものだ。そんな電車と我々の距離は近いけれど遠い。駅のホームが電車との最接近ポイントであり、それ以外は遠いのだ。線路の周りには基本的に......

本は元気のカンフル剤であり、成長の肥料である。

「若い時に読んだ多くの書物の上に、今のあなたの地位は座っていると思え」中国の皇帝がそう言ったかは知りませんが、私はそう思う。最近、若者は書籍を読まないと言われているが、果た......