源流大学とは

多摩川源流大学とは…
多摩川源流大学は、東京農業大学が行っている人材教育プラグラムです。

多摩川の源流域(上流域)のひとつである山梨県小菅村やその他の流域地域全体を学びの場として、農業や森林作業、文化体験などの体験実習を行い、それを通して農山村地域の暮らしを理解し、農山村地域を好きになり、将来さまざまな分野で活躍できる人材を育成することを目的としています。

10253222_10201977659628637_245735995_n

源流大学で学べること
春、新緑が芽吹く頃に畑を耕しジャガイモなど、さまざまな野菜の種を撒きます。夏になると冷たい源流の川に入り、水に棲む生き物や植物について学び、秋はいよいよ待ちに待った収穫です。冬になると畑の片付けと、長い冬を乗り切る保存食の準備などを行います。このように村での生活は全てが教科書で、学ぶことがたくさんあります。
土地にあった農機具や作業などを学ぶため地域の人々を先生に迎え、都会では体験できない地域の生業をまるごと体験することができます。

10307035_10201977659868643_1944678409_n

体験はどなたでも
多摩川源流大学では、年間を通し、猟師の方と山を歩くコースなど一般の方も参加できるさまざまプログラムを行っています。
また、企業の新人研修の受け入れや、社員のご家族も参加できる保養プログラム等もコーディネートいたします。
ぜひ「多摩川源流大学」で検索してみてください。

目先ではなく100年後の日本の循環型社会を実現するための知恵を、着実に継承していく。
それも多摩川源流大学の重要なミッションのひとつです。

about001_1


Q & A

Q:源流大学には一般の人も参加できますか?
A:できます!源流大学では様々なプログラムをご用意しています。本校の学生だけではなくて、もちろん参加できます。

Q:どんな人が参加できますか?
授業に関しては農大の学生であれば誰でも参加できます。全学年、全学科OKです。

Q:誰が教えてくれますか?
A:座学は農大の教師陣はもちろん、その道のエキスパートや市民活動団体で活躍されている方、企業の方などが担当してくれます。
小菅村での実習では、「住民講師」と呼ばれる、小菅村の住民の方達が先生となり本物の技術や知恵を教えてくれます。

Q:どこで情報を得ればいいですか?
A:このHPやFacebookTwitterなどで情報を発信していますので、ぜひご覧下さい。

about002